「おあしす」とは?

言葉 詳細
オアシス

概要 (Wikipediaから引用)

オアシス(英語:Oasis)とは、砂漠やステップといった乾燥地域において、淡水が存在する場所をいう。 オアシスの直接的な語源は古代ギリシア語にあり(ὄασις Oasis)、ヘロドトスの「歴史」(第3巻 26節)に見られる。ここでは、リビア砂漠に存在した諸都市(オアシス都市)の名とされている。この語は、さらに溯って、恐らくは古代エジプト語(wḥʾt 「オアシス」「オアシス地域」)が転訛したものと考えられている。 オアシスには、泉性(地下水によるもの)だけでなく、河川や雪解け水を水源とするオアシスもあり、後者の方が大規模なオアシスを形成する。さらに井戸などによる人工的なオアシスも存在する。農業が可能となり、集落が形成されることがあるほか、通商路の経由地ともなる。 隊商は水と食料を補給するためにオアシスを経由しなければならない。オアシスの政治的、軍事的支配は、多くの場合商業の支配をも意味してきた。例えば、現在のリビアに位置するガダミス、クフラなどのオアシス都市は、サハラ砂漠の南北および東西交易(サハラ交易)において重要であったし、中国とヨーロッパを結んだシルクロードのルート上にも多くのオアシス都市国家が存在し覇を競った。

おあしす

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。