「おいえ」とは?

言葉 詳細
尾家

概要 (Wikipediaから引用)

社名 尾家産業株式会社 英文社名 OIE SANGYO Co., Ltd. 種類 株式会社 郵便番号 531-8534 本社所在地 大阪府大阪市北区 (大阪市) 北区豊崎六丁目11番27号(注) 電話番号 06-6375-0151 業種 卸売業 事業内容 業務用食品の外食産業ユーザーへの販売 代表者 尾家 啓二(代表取締役社長) 資本金 13億0,570万円 発行済株式総数 925万5,000株 売上高 611億2,572万4千円(2008年3月期) 営業利益 8億0,417万0千円(2008年3月期) 純利益 3億0,309万5千円(2008年3月期) 純資産 99億2,604万6千円(2008年3月31日現在) 総資産 235億9,202万5千円(2008年3月31日現在) 従業員数 672名(2008年3月31日現在) 決算期 3月31日

小家

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

御家

概要 (Wikipediaから引用)

御家人(ごけにん)は、征夷大将軍の家人である武士の身分を指す語であるが、中世と近世では意味合いが異なる。 中世の御家人 成立 平安時代には、貴族や武家の棟梁に仕える武士を「家人」と呼んでおり、鎌倉幕府が成立すると鎌倉殿と主従関係を結び従者となった武士を、鎌倉殿への敬意を表す「御」をつけて御家人と呼ぶようになった。鎌倉殿御家人、関東御家人、鎮西御家人とも言う。 御家人の成立は、源頼朝による鎌倉幕府の樹立と密接に関連する。流人だった頼朝の家人はごくわずかであり、1180年(治承4年)の挙兵の際、父源義朝の家人だった南関東の武士たちを「累代の御家人」として誘引したが、当時の観念では主従関係は個々に結ぶものであり、頼朝に従属しない武士も多かった。その後、鎌倉に東国政権を樹立すると、各地の武士が続々と頼朝支配下へと入っていった。急速に増加した支配下の武士を秩序だって組織化するため、以仁王の令旨が利用された。すなわち、令旨に従って頼朝の支配に入った武士は、一律に「御家人」として組織された。

お家

概要 (Wikipediaから引用)

お家騒動(御家騒動、おいえそうどう)は、江戸時代の大名家における内紛である。現代においては、比喩的に企業(同族経営の社に多い)や家族といった組織における内部抗争をお家騒動に擬えて呼ぶことがある。 江戸時代の大名家では、藩主やその一族、家老などの一団の領袖となりうる立場の人間が派閥を作りあげて内紛を繰り広げた例が数多くあった。そのような事象が脚色されて、歌舞伎・狂言の御家物と呼ばれる様式の題材となって伝わったり、講談を通じて広まったことにより、お家騒動として江戸の庶民に知られるようになる。そのために演目とすることがはばかられた将軍家や、内訌の規模が小さい旗本や商家、農家におけるもめごとはお家騒動とは認知されていなかった。 抗争の原因として最も多いのは、家臣間の対立である。古参ともいうべき譜代の家臣と新参の家臣や出頭人との対立、藩政改革にともなう守旧派と改革派の対立、幕末期における信条の対立など、家臣間には主導権や藩政の方向性をめぐってあらゆる派閥抗争の動機があった。