「おいえりゅう」とは?

言葉 詳細
御家流

概要 (Wikipediaから引用)

御家流(おいえりゅう)とは、身分の高い家において伝承される流儀、あるいは藩における公式の流儀のこと。したがって、本来は家や藩によって異なる流儀を指すことになるが、芸道では単に御家流と言った場合に特定の流儀を指すことがある。 香道においては、三条西実隆によって創始された流儀を指す。 書道においては、おもに武家の公式文書に使われた尊円流の流れを指す。 茶道においては、現代では特に譜代大名の三河安藤氏#重信系 安藤家の流儀を指して御家流 (茶道) 御家流と呼ぶ。剣術、馬術、砲術などの武道においても御家流と称されるものが多くある。 書道界 流派 おいえりゆう