「おいかぜ」とは?

言葉 詳細
追い風

概要 (Wikipediaから引用)

追い風参考記録(おいかぜさんこうきろく、英語: Wind assistance)とは、走方向の追い風による顕著な影響が認められる陸上競技種目において、風速が追い風2.0m/sを超えると各種大会の順位付けの記録は付くが、公認記録としては認められず「参考記録」にとどめられること。該当種目は短距離走(100m、200m)、障害走(110mハードル、100mハードル)や走幅跳、三段跳等である。一部種目は追い風参考記録になることがない。「追い参」(おいさん)と略されたり、単に参考記録と呼ばれる事もある。 混成競技では、追い風4.0m/s以内であれば混成競技の記録として公認される。追い風4.0m/sを超えると混成競技の記録としても「追い風参考記録」となる。 国際陸上競技連盟の競技規則に沿った競技会での記録でないと、公認記録とならない。 代表例 100メートル競走 オバデレ・トンプソンが1996年4月13日にアメリカ・テキサス州のエル・パソの大会で9秒69のタイムを記録した(追い風5m/s)。

追風

概要 (Wikipediaから引用)

『追手山貢』より : 追風山 裕邦(おいてやま ひろくに、本名:山口 貢(やまぐち みつぐ)、1938年6月16日-2014年1月2日)は、青森県北津軽郡嘉瀬村(現・同県五所川原市)出身で、立浪部屋(入門時は追手風部屋)に所属した大相撲力士である。自己最高位は、東前頭6枚目(1962年11月場所)。現役時代の体格は181cm、 131kg。得意手は左四つ、寄り、上手投げ。現在の追手風親方(元前頭2・大翔山直樹)の岳父。 なお、夫人は最初の師匠・8代追手風(元大関・清水川)の義理の姪(夫人の叔母が、師匠の後妻に当たる)である。 5人兄弟の末っ子として生まれ、子供の時から体格が大きく多くの相撲大会に出て活躍していた。その活躍ぶりが、同郷で追手風部屋に所属した元幕下力士・清水岩の目に止まり、中学校在学中に同部屋へ入門する事となった。 1953年5月場所にて、14歳で初土俵。序ノ口に付いた時の四股名は、師匠の元大関・清水川から1字を取った「清櫻」であった。 なお、改名後の「追手山」および「追風山」は、いずれも追手風部屋に因んでいる。