「おいがみ」とは?

言葉 詳細
老神

概要 (Wikipediaから引用)

老神温泉(おいがみおんせん)は、群馬県沼田市利根町にある温泉。周辺は山々に囲まれ、四季折々の変化を楽しむことができる。 アクセス 鉄道 : 上越線沼田駅よりバスで約50分、または上越新幹線上毛高原駅よりバスで約70分。 一部のホテル・旅館では、上毛高原駅・沼田駅~老神温泉バス停間で、無料送迎バス『じゃおう号』を共同運行している。対象は宿泊予約済みの客限定で、前日までに予約が必要。宿泊施設によっては同バスに参加していないところもある。 車 : 関越自動車道沼田インターチェンジを降りて尾瀬・日光方面へ、国道120号を行き、椎坂峠を越えた先にある老神温泉への案内に従ってその方向へ(薗原湖、薗原ダムの付近を通っていく方法もある)。 泉質 アルカリ性単純温泉・単純硫黄温泉 源泉温度40〜65度肌に対する効能から「美人の湯」「傷治の湯」の異名を持つ。 温泉街 片品川沿いに温泉街が広がり、宿泊施設が19軒存在し、その全てにて日帰り入浴が可能。