「おうこうび」とは?

言葉 詳細
王光美

概要 (Wikipediaから引用)

王光美(おう こうび、ワン・クァンメィ、1921年9月21日 - 2006年10月13日)は中華人民共和国の政治家。元全国政治協商会議常務委員。夫は第2代中華人民共和国主席を務め、文化大革命で非業の死を遂げた劉少奇。息子は中華人民共和国解放軍上将の劉源。 北京で生まれ育つ。父・王治昌は早稲田大学商学部への留学経験があり、中華民国(北京政府)の高官であった。王光美の生誕時に父はワシントン会議の随行員としてアメリカ合衆国に滞在中で、「光美」の名前は、アメリカ(中国語で「美国」)にちなんでつけられた。10人の兄弟姉妹の6番目で、最初の女子であった。王光美は王治昌の3番目の妻との間の子で、異母兄が2人いたが、母は先妻の子も実子と区別せずに養育した。王光美は後年、自身が劉少奇と結婚して育児をした際に、母の影響を受けたと述べている。 北京の輔仁大学で原子物理学を専攻し、大学院に進んで理学修士の学位を得る。当時の輔仁大学では講義や学生寮での生活でも英語が使用されていた。1946年1月、語学の才能を見込まれて、知り合いの中国共産党員から、国民党・共産党・アメリカによる三者会談の実務者協議で通訳を依頼される。