「おおほ」とは?

言葉 詳細
大穂

概要 (Wikipediaから引用)

大穂町(おおほまち)は、かつて茨城県筑波郡に属していた町。1987年(昭和62年)11月30日に同郡谷田部町、豊里町、新治郡桜村の3町1村と合併して消滅した。 地理 隣接していた自治体 筑波郡:豊里町、谷田部町、筑波町 新治郡:桜村、新治村 結城郡:千代川村 下妻市 沿革 1889年(明治22年)4月1日 町村制施行に伴い、新治郡大穂村が成立。 1896年(明治29年)3月29日 所属郡が筑波郡に変更。 1953年(昭和28年)4月1日 町制施行、大穂町となる。 1955年(昭和30年)4月1日 筑波郡旭村の一部(大字要)と合併。 1987年(昭和62年)11月30日 筑波郡谷田部町、豊里町、新治郡桜村の3町1村と合併してつくば市発足、大穂町消滅。 交通 道路 一般国道 国道408号 主要地方道 茨城県道19号取手筑波線 茨城県道24号土浦境線 茨城県道53号豊里千代田線 茨城県道55号土浦筑波線 一般県道 茨城県道128号土浦大曽根線 茨城県道133号赤浜谷田部線 茨城県道200号藤沢豊里線 茨城県道213号長高野北条線 出身者 北沢直吉 - 外交官、政治家、元内閣官房副長官 脚注 参考文献 大穂町史編纂委員会 編『大穂町史』つくば市大穂地区教育事務所、平成元年3月31日、445pp. 関連項目 茨城県の廃止市町村一覧 筑波郡 つくば市 若森県庁 - 大穂町若森にあった。

大保

概要 (Wikipediaから引用)

大保駅(おおほえき)は、福岡県小郡市大保にある西鉄天神大牟田線の駅である。 1924年(大正13年)4月12日 - 開業。 1999年(平成11年) - 西口開設。 2008年(平成20年)5月18日 - ICカードnimoca供用開始。 駅構造 相対式ホーム2面2線の地上駅。有人駅で、下りホーム側に駅舎がある。駅舎と上りホームは構内踏切で結ばれている。上りホーム側には、自動改札機2機のみの改札口が設置されている。 下りホーム側には、自動改札機1機、自動券売機1機設置されてある。 利用状況 2014年度の1日平均乗降人員は2,837人である。各年度の1日平均乗降人員は下表のとおり。 駅周辺 隣の駅 西日本鉄道 ■天神大牟田線 ■特急・■急行 通過 ■普通 三沢駅 - 大保駅 - 西鉄小郡駅 脚注 関連項目 日本の鉄道駅一覧 外部リンク 大保駅(西鉄沿線web)。