「おこっぺ」とは?

言葉 詳細
興部

概要 (Wikipediaから引用)

興部町(おこっぺちょう)は、北海道オホーツク総合振興局管内の北部に位置する町。 町名の由来は、アイヌ語の「オウコッペ」(川尻の合流しているところ)から。 地理 オホーツク海沿岸に位置する。 山: 鬱岳(818m) 川: 興部川、藻興部川、瑠橡川、沙留川 1915年(大正4年) - 紋別郡瑠橡村(るろち)、沙留村(さるる)、興部村が合併、二級町村制、紋別郡興部村 1925年(大正14年) - 紋別郡西興部村が分村 1951年(昭和26年) - 町制施行、興部町 経済 基幹産業は酪農(「おこっぺ牛乳」など)、林業、漁業。ホタテ、サケ、マス、毛蟹などが獲れる。 立地企業 雪印メグミルク株式会社(旧・雪印乳業株式会社)興部工場 ノースプレインファーム株式会社 有限会社冨田ファーム 農協・漁協 北オホーツク農業協同組合(JA北オホーツク)本所 沙留漁業協同組合 金融機関 北見信用金庫興部支店 郵便局 興部郵便局(集配局) 沙留郵便局 公共機関 警察 興部警察署 姉妹都市・提携都市 カナダの旗 ステットラー (カナダ、アルバータ州) 地域 人口 教育 道立高等学校 北海道興部高等学校 中学校 興部、沙留 小学校 興部、沙留 交通 空港 オホーツク紋別空港 (紋別市) 鉄道・バス かつては興浜南線、名寄本線が通っていたが、興浜南線は1985年(昭和60年)7月15日に、名寄本線は1989年(平成元年)5月1日に廃止されている。

奥戸

概要 (Wikipediaから引用)

奥戸(おくど)は、東京都葛飾区南部の地名である。現行行政地名は奥戸一丁目から九丁目。住居表示実施済み区域である。2005年7月1日現在の人口は20,223人。郵便番号は124-0022である。 地理 葛飾区南部に位置する。北で高砂・細田、東には江戸川区西小岩・上一色、南は東新小岩、西は中川を挟んで立石・東立石と隣接する。町域内は住宅地として利用されるが、森永乳業をはじめとする工場や、近郊農地がわずかに残っている。現在その多くは宅地造成されているものの、中川や農業用水路に挟まれた古くからの低湿地帯である。 東京都道318号環状七号線(環七通り)が町の中央を南北に走っており、奥戸街道が町を東西に横切っている。奥戸一 - 八丁目は新中川南西岸に所在するが、九丁目のみは北東岸に分断された形で位置する。後述するように、かつては奥戸全域が陸続きであったが、この町域分断は後に新中川が開削されたことによって形成された。 地価 住宅地の地価は、2014年(平成26年)1月1日の公示地価によれば、奥戸6-17-15の地点で23万3000円/m2となっている。

オコッペ

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。