「おせあにあ」とは?

言葉 詳細
オセアニア

概要 (Wikipediaから引用)

オセアニア(Oceania)は、六大州の一つ。大洋州とも言う。もっとも広く解釈すると太平洋上の陸地のすべてを指して使われる。すなわち、この解釈では日本、フィリピン、インドネシアおよび、ハワイ州、ガラパゴス諸島、イースター島、アリューシャン列島まで含まれるが、一般的ではない。狭義にはオーストラリア大陸を含まず、ニュージーランドを含むポリネシア、ニューギニアを含むメラネシア、そしてミクロネシア全体を指す。 一般的な解釈(広義)では、オーストラリア大陸も含まれる。六大州中最小の州であり、その小さな陸地面積のうちオーストラリア大陸が86%を占め、さらに島々の中で最も大きなニューギニア島とニュージーランドを含めると98%にもなる。残りは、太平洋の中に点在する小さな島々であり、それがオセアニア(大洋の州)との州名の由来にもなった。これらの諸島は陸地面積こそ小さいものの、マレー・ポリネシア系民族が独特の航海術によって隅々まで植民しており、独自の海洋文明を築いていた。ここでは広義のオセアニアを扱う。オセアニアの人口は約3567万人である。 これらの3地域の名称は、ヨーロッパ人探検家たちによる命名が始まりである。