「おのまとぺ」とは?

言葉 詳細
オノマトペ

概要 (Wikipediaから引用)

『修辞技法』より : 本稿では、一か所にまとめる都合上擬声語(ぎせいご)を擬音語と擬態語の総称として見出しに使っているが、擬声語という日本語の本来の意味は擬音語に同じ、または擬音語のうち人や動物の声を表したもの(広辞苑より)。 後述のいくつかの例外を除き、基本的に副詞である。 当該概念を表す言葉は、日本語においては統一されていない。 古代ギリシア語の「ὀνοματοποιία(オノマトポイーア)」を由来とする英語の「onomatopoeia(アナマタピーァ) 」およびフランス語の「onomatopée(オノマトペ)」を日本語発音にしたオノマトピア、オノマトペア、オノマトペを用いる場合もある。 日本語訳は数多い。以下、いくつか例を挙げると 「擬声語」 - 『新英和大辞典』 研究社 「物声模倣」 - (同上) 「声喩法」 - 島村龍太郎 『新美辞学』 「擬声法」 - 『日本百科大事典』 「写音法」 - 黒岩大訳述 『雄弁美辞法』 「声喩」 - 増田藤之助 『英和比較・英語修辞学講義』などがある(『レトリック事典』144-154頁に詳しい)。