「おみ」とは?

言葉 詳細
尾身

概要 (Wikipediaから引用)

尾身 幸次(おみ こうじ、1932年12月14日 - )は、日本の政治家、元衆議院議員(8期)。沖縄政策や科学技術政策に詳しく、経済企画庁長官、沖縄及び北方対策担当大臣、科学技術政策担当大臣、財務大臣等を歴任した。旭日大綬章受章。 来歴・人物 群馬県沼田市に生まれ。少年期は父親の商売を手伝い、しばしば行商にもでた。群馬県立沼田高等学校を経て1952年に一橋大学商学部入学。奨学金とアルバイトにより1956年に同大学を卒業し、通商産業省に入省する。同期には、杉山弘(通産事務次官)、野々内隆(資源エネルギー庁長官)、川崎弘(経企審議官、東京電力副社長)、守屋一彦(日本化学繊維協会理事長)など。 1970年外務省在ニューヨーク日本総領事館領事、1974年通商産業省通商政策局南アジア東欧課長、1976年大阪通商産業局総務部長、1978年中小企業庁小規模企業政策課長、1979年科学技術庁長官官房総務課長、1981年中小企業庁指導部長などを歴任し、衆院選に出馬するため1982年に退官。

小見

概要 (Wikipediaから引用)

小見川藩(おみがわはん)は、下総国香取郡に存在した藩。藩庁は小見川の小見川陣屋(現在の千葉県香取市)に置かれた。 藩史 『家忠日記』を残した松平家忠が文禄3年(1594年)に武蔵国忍藩から移封されたことで、小見川藩が立藩した。家忠は鳥居元忠と共に慶長5年(1600年)、関ヶ原の戦いの前哨戦である伏見城の戦いで西軍の挙兵を誘った。石田三成はこの誘いに乗って挙兵し、家忠は元忠らと共に伏見城で戦死した。死後、家督は子の松平忠利が継ぎ、翌年2月に三河国深溝藩に移封された。翌年12月28日、土井利勝が1万石で入ったが、慶長15年(1610年)2月に下総国佐倉藩3万2400石に加増移封された。慶長17年(1612年)、安藤重信が1万6000石で入部した。重信は元和元年(1615年)に2万石の加増を受け、元和5年(1619年)10月にもさらに2万石加増の上で上野国高崎藩に加増移封となった。この後、小見川藩は廃藩となり、その所領は土井利勝の佐倉藩領として組み込まれた。寛永10年(1633年)4月に利勝が古河藩に移った後、佐倉藩に石川忠総が入部した後も引き続き、佐倉藩領であった。

尾美

概要 (Wikipediaから引用)

尾美 としのり(おみ としのり、1965年12月7日 - )は、日本の俳優。所属事務所はプランニング・メイ。本名は尾美 利徳(おみ としのり)。東京都目黒区出身。血液型はB型。 来歴・人物 子役時代 幼稚園の頃に劇団ひまわりに入団。当初は本名の「尾美利徳」名義で出演していた。正確なデビュー作は不明。 テレビドラマでは7歳で走れ!ケー100第15話(1973年7月20日放送、TBS)にゲスト出演。初出演映画はザ・ドリフターズの「チョットだけョ 全員集合!!」(1973年8月4日公開)。1977-1978年にNHK教育テレビの道徳教育ドラマ「みんななかよし」で主演。 公式には1978年、13歳で市川崑の監督映画『火の鳥』で「尾美トシノリ」名義にて子役デビューし、数々の名優に囲まれながらも重要な役柄を演じている。大河ドラマ「草燃える」(1979年、NHK)に北条泰時役で出演。 青年期 - 現在 1982年、17歳で大林宣彦の監督映画『転校生』の主役の一人に抜擢され、注目を集める(以後、1990年代前半までのほとんどの大林作品に出演)。

麻績

概要 (Wikipediaから引用)

『おみむらまゆこ』より : おみむら まゆこ(1979年10月26日 - )は日本の女性声優。所属事務所は81プロデュース。北海道出身。 旧芸名は、麻績村 まゆ子(読みは同じ)。愛称はおみまゆ、おーみーなど。 経歴・人物 実体の無いCGキャラ、バーチャルアイドル声優「麻績村まゆ子」としてデビュー。さらに1979年生まれという設定であり、アイドル的な声優路線を進んでいながら当初は顔出しを行っていなかった。芸名は自らつけたもので、長野県東筑摩郡にある麻績村に由来している。 1996年 10月、文化放送『上田祐司の放課後ワンダークラブ』でCGキャラのバーチャルアイドル声優としてデビュー。1997年 3月9日、秋葉原のT-ZONEミナミの7階にあったインターネットカフェでDJのアルバイトをしていることが番組中で発覚する。 「バーチャルを極めたらアナログになる!」という事でCGキャラから脱却。『アニラジグランプリ』の第7号(6月号)で初めての顔出しをする。 4月13日、那須高原で行われた同番組の公開録音でリスナーの前に初登場する。

尾見

概要 (Wikipediaから引用)

智頭南インターチェンジ(ちづみなみインターチェンジ)は鳥取県八頭郡智頭町尾見にある鳥取自動車道のインターチェンジである。 ハーフICで、佐用方面に対する出入口しかない。 道路 鳥取自動車道(4番) 料金所 無料区間のためなし 接続する道路 直接接続 国道373号 間接接続 鳥取県道・岡山県道7号智頭勝田線 周辺 智頭急行智頭線 山郷駅 千代川 1997年4月16日 : 駒帰交差点 - 当IC間の供用開始により、尾見ICとして開通。 2008年3月30日 : 当IC - 智頭IC間の供用開始。同時に智頭南ICに改称。 隣 鳥取自動車道 (3)西粟倉IC/道の駅あわくらんど - 坂根交差点 - 駒帰交差点 - 福原PA/BS(PAは上り線のみ) - (4)智頭南IC - (5)智頭IC 脚注 関連項目 日本のインターチェンジ一覧 外部リンク 国土交通省中国地方整備局 鳥取河川国道事務所。

小海

概要 (Wikipediaから引用)

小海線(こうみせん)は、山梨県北杜市の小淵沢駅から長野県小諸市の小諸駅までを結ぶ東日本旅客鉄道(JR東日本)の鉄道路線(地方交通線)である。「八ヶ岳高原線」の愛称が付けられている。 八ヶ岳東麓の野辺山高原から千曲川の上流に沿って佐久盆地までを走る高原鉄道である。甲斐小泉 - 海尻間は標高1000 mを超える高所を走っており、清里 - 野辺山間には標高1375 mのJR鉄道最高地点がある。また、野辺山駅は標高1345 mのJR線最高駅であるほか、甲斐小泉から松原湖までの9駅がJRの標高の高い駅ベスト9に入っている。 山梨県内で唯一の非電化路線である。 小淵沢駅から小諸方面の1kmの区間は東日本旅客鉄道八王子支社、甲斐小泉駅 - 小諸駅間は東日本旅客鉄道長野支社が管轄している。ただし、終点である小諸駅はしなの鉄道の管理下に置かれている(共同使用駅のため、JRの駅としては長野支社管内と扱われる)。 小淵沢駅 - 野辺山駅間は旅客営業規則の定める大都市近郊区間の「東京近郊区間」に含まれ、小淵沢駅・清里駅・野辺山駅でICカード乗車券「Suica」が利用可能である。

御身

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。