「おもいで」とは?

言葉 詳細
おもいで

概要 (Wikipediaから引用)

『修学旅行列車』より : 修学旅行列車(しゅうがくりょこうれっしゃ)とは1949年(昭和24年)年ごろから設定されてきた修学旅行客輸送のための団体専用列車の総称である。 明治 - 昭和初期 日本における修学旅行は1882年(明治15年)に栃木県第一中学校(現在の栃木県立宇都宮高等学校)の生徒たちが先生に引率され、東京・上野で開かれた「第二回勧業博覧会」を見学したことが日本での「学生・生徒の集団旅行」のはじまりといわれており1886年(明治19年)には東京高等師範学校(現在の筑波大学)が「長途遠足」の名で11日間のものを実施したという記録がある。 「修学旅行」の言葉は、翌年に長野師範学校(現在の信州大学)が同様に実施したものが1887年(明治20年)4月20日発行の『大日本教育雑誌54号』に掲載された際に初めて使われたという。さらに、「修学旅行」という言葉は公には1888年(明治21年)8月に出された『尋常師範学校設備準則』において初めて使われ、その原型は上記の「長途遠足」であった。

想い出

概要 (Wikipediaから引用)

『想い出にかわる君 〜Memories Off〜』(おもいでにかわるきみ 〜メモリーズオフ〜)とはKIDが2002年11月28日にドリームキャストおよびPlayStation 2で発売した恋愛アドベンチャーゲームである。略称「想君」(おもきみ)、「想オフ」(おもオフ)。2004年6月3日にはサクセスからSuperLite2000シリーズ版が発売されている(『Memories Off 〜それから〜』のプロモーションムービー収録、CEROレーティング12才以上対象)。 初代・2ndとキャラクターデザインはささきむつみが担当していたが本作以降では担当していない。また、KIDの作品として初めて「かもめカード」(パスネット)の絵柄にも採用された。 「Memories Offシリーズ」の3作目である。副題は「かけがえのない想い…そして、また」。 2008年8月14日にPlayStation Portableで移植版が発売されている。登場人物達のその後を描いたAfter Storyも収録されている。After Storyはカナタエンドから続いている。

思い出

概要 (Wikipediaから引用)

『思い出のメロディー』(おもいでのメロディー)は、1969年以来毎年8月に放送されているNHKの大型公開音楽番組である。 本番組は、NHKの主要な音楽番組特番のひとつで、「夏の紅白」とも呼ばれている。 平年は、8月の第2土曜日19:30から概ね22時台前半までNHK総合、ラジオ第1と海外向けのNHKワールド・プレミアム、NHKワールド・ラジオ日本の各チャンネルで同時放送する。 総合テレビは中断ニュースを含め、リアルタイム字幕放送を実施している。ステレオ放送開始は第12回(1980年)から実施されている。 番組開始当初は渋谷公会堂が会場とされたが、NHKホールが完成した第5回(1973年)以降は原則同所で開催されている。 司会は1 - 3人の体制で、そのうち1人はNHKアナウンサーが起用されることが恒例。現職のNHKアナウンサーが一切起用されなかったケースは第25回(1993年)、第26回(1994年)の2回のみ。NHK関係者は本番組の司会選出基準について、「原則として同年のNHK番組に貢献していること」と語っている。