「か」とは?

言葉 詳細

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

概要 (Wikipediaから引用)

『年齢主義と課程主義』より : 年齢主義(ねんれいしゅぎ)と課程主義(かていしゅぎ)は、教育学において教育制度上で対立する二つの主義である。この語には、学年制度・入学制度の場面で使われる意味と、義務教育制度の場面で使われる意味がある。 学年制度・入学制度の意味での年齢主義と課程主義は、学校などにおいて、学習者をどの学年に所属させるか(進級させるか)や、どのレベルのカリキュラムを与えるかや、入学志願者の入学を許可するかを決定する際の、判断基準となる考え方のことを指す。この場合は、年齢主義では、学習者・入学志願者の年齢によって学年・学習内容・合否が決定され、課程主義では、学習者・入学志願者の学力(習熟度・到達度)や履修状況(学歴)によって学年・学習内容・合否が決定される。通常はこの意味で用いられるので、本記事では、主にこれについて詳述する。 義務教育制度の意味での年齢主義と課程主義は、何をもって義務教育期間(就学年限)の開始と終了とみなすかを決定する際の、判断基準となる考え方のことを指す。

概要 (Wikipediaから引用)

価値多元主義 (かちたげんしゅぎ、英語:Value pluralism)とは、倫理多元主義(Ethical pluralism)または道徳的多元主義(Moral pluralism)の名称でも知られるが、哲学 哲学的倫理学における一つの考えである。すなわち、同等に正しく根本的な複数の価値が存在していて、それらが互いに矛盾し合うことがありうるという考えをいう。加えるに、多くの場合、価値多元主義は、このような互換ではない複数の価値概念または価値観が、重要性の見地において客観的な序列を持たないという意味において、「通約可能性 通約不能、incommensurable、:en:Commensurability (ethics) EN」であるということを前提としている。価値多元主義は、規範倫理学(normative ethics、:en:Normative ethics EN)的理論すなわち価値観の集合それ自体というより寧ろ、メタ倫理学における理論である。価値多元主義の理論を説明する初めての本格的な研究を執筆し、学会の注目を集めさせた人物と目されているのが、オックスフォード大学の哲学者・観念史 観念史家であるアイザイア・バーリンである。(参照:アイザイア・バーリン・ヴァーチャル・ライブラリ)。

概要 (Wikipediaから引用)

『シスター・プリンセス』より : 可憐 その可愛らしさゆえ、見ている者に保護欲を掻き立てさせるような状況。 可憐 (AV女優) - 日本の元AV女優。 松下可憐 - 日本の元AV女優。 椎名可憐 - 日本の作詞家。 可憐 - 読者参加企画『シスター・プリンセス』の登場人物。 関連項目 カレン。

概要 (Wikipediaから引用)

「科」とは「一定の基準を立てて区分した事柄の一つ一つ」広辞苑第六版。単科、専科、「○○百科」や百科事典などと使われる。 科 (分類学)。カール・フォン・リンネ リンネ式分類の階級。 診療科。診療の各専門分野。内科学 内科、外科学 外科などの類。 科学の略。科博(国立科学博物館)、科研費(科学研究費補助金)、宇科研(宇宙科学研究所)、科特隊(科学特捜隊)など。 長野県などの地名によく表れる言葉(「級」と書くものもある)。山科、埴科、更科、蓼科、立科、穂科、倉科など。意味としては、植物のシナノキを意味することや、段差を表す古語から由来する、など諸説ある。信濃国 信濃(しなの)も関係あるか。 シナノキ(科の木):木の名前。

概要 (Wikipediaから引用)

このページの目的は、化学に関係するすべてのウィキペディアの記事の一覧を作ることです。この話題に興味のある方はサイドバーの"リンクを見張る"をクリックすることで、変更を見ることが出来ます。化学の分野一覧と重複することもあるかもしれませんが、化学分野の項目一覧です。化学で検索して出てきたものです。数字、英字、五十音順に配列してあります。濁音・半濁音は無視し同音がある場合は清音→濁音→半濁音の順、長音は無視、拗音・撥音は普通に(ゃ→や、っ→つ)変換です。例:グリニャール反応→くりにやるはんのう†印はその内容を内含する記事へのリダイレクトになっています。

概要 (Wikipediaから引用)

歌、唄(うた)とは、声によって音楽的な音を生み出す行為のことであり、リズムや節(旋律)をつけて歌詞などを連続発声する音楽、娯楽・芸術のひとつである。歌謡(かよう)、歌唱(かしょう)とも言う。 また歌・歌謡は、文学における用語でもあり、詩の一形式または韻律文芸の総称で、和歌などを指す。これについても本項で述べる。 概念 「歌う」ことは、感情を表現とすることを最大の目的としており、その点で、事件や事象を聴く人にわかりやすく伝達することを目的とした「語る」こととは大きく異なる。そのことより、場合によってはもとの歌詞が判然としなくなる歌唱もある。これらとは別に、全く意味を持たない声を用いた歌唱も存在する。 歌手 歌を歌う人は、歌い手また歌手と呼ばれ、アカペラもしくは音楽家や演奏家による伴奏を入れた形態で歌う。また、歌唱は合唱などのように、しばしばグループで行われる。カラオケなどで行われる単なる娯楽のための歌唱や、専門家によるレコーディングスタジオでの正式な歌唱など、歌唱の形態は幅広い。

概要 (Wikipediaから引用)

禍津日神(まがつひのかみ、まがついのかみ)は神道の神である。禍(マガ)は災厄、ツは「の」、ヒは神霊の意味であるので、マガツヒは災厄の神という意味になる。 神産みで、黄泉から帰ったイザナギが禊を行って黄泉の穢れを祓ったときに生まれた神で、『古事記』では八十禍津日神(やそまがつひのかみ)と大禍津日神(おほまがつひのかみ)の二神、『日本書紀』第五段第六の一書では八十枉津日神(やそまがつひのかみ)と枉津日神(まがつひのかみ)としている。これらの神は黄泉の穢れから生まれた神で、災厄を司る神とされている。神話では、禍津日神が生まれた後、その禍を直すために直毘神(なおびのかみ)二柱と伊豆能売が生まれている。なお、『日本書紀』同段第十の一書ではイザナギが大綾津日神を吹き出したとしている。これが穢れから生まれたとの記述はないが、大綾は大禍と同じ意味であり、大禍津日神と同一神格と考えられている。 後に、この神を祀ることで災厄から逃れられると考えられるようになり、厄除けの守護神として信仰されるようになった。

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

概要 (Wikipediaから引用)

『鴨川 (淀川水系)』より : 鴨川(かもがわ)は京都府京都市を流れる淀川水系の一級河川。京都市北区 (京都市) 北区の桟敷ヶ岳を源流とする。雲が畑の山中を流れた後、北区上賀茂で京都盆地に出る。上賀茂神社(賀茂別雷神社)、下鴨神社(賀茂御祖神社)脇を南南東に流れ、賀茂大橋手前で高野川と合流する。そこから京都市中央部を真南に流れ、四条大橋付近から南西流に転じ、伏見区下鳥羽で桂川 (淀川水系) 桂川に注ぐ。中京区で西に高瀬川 (京都府) 高瀬川を分け、以南で並行する。正式には源流からすべて鴨川であるが、高野川 (京都市) 高野川の合流点より上流は通例賀茂川と表記される。加茂川と表記されることもある。源流から岩屋橋までは”祖父谷川”、岩屋橋から出合橋までは”雲が畑川”の名がある。

概要 (Wikipediaから引用)

火(ひ)とは、熱と光を出す現象。 化学的には物質の燃焼(物質の急激な酸化)に伴って発生する現象、あるいは燃焼の一部と考えられている現象である。 火は熱や光と共に様々な化学物質も生成する。気体が燃焼することによって発生する激しいものは炎と呼ばれる。煙が熱と光を持った形態で、気体の示す一つの姿であり、気体がイオン化してプラズマを生じている状態である。燃焼している物質の種類や含有している物質により、炎の色や強さが変化する。 (→#火の構造、しくみ) 人類の火についての理解は大きく変遷してきている。象徴的な理解は古代から現代まで力を持っている。また理知的には古代ギリシアにおいては4大元素のひとつと考えられた。西欧では18世紀頃までこうした考え方はされた。18世紀に影響力をもったフロギストン説も科学史的に重要である。(→#火の理解史) 人類は調理、暖房、合図として、また動力源としても火を利用してきた。(→#火の利用・用途) 火は火災を引き起こし、燃焼によって人間が物的損害を被ることがある。また、世界的な生態系にも影響する重要なプロセスである。火はある面では生態系を維持し、生物の成長を促す効果を持つ。

概要 (Wikipediaから引用)

『カ』より : カ(蚊)は、ハエ目(双翅目)糸角亜目カ科(学名: Culicidae)に属する昆虫である。ナガハシカ属、イエカ属、ヤブカ属、ハマダラカ属など35属、約2,500種が存在する。ヒトなどから吸血し、種によっては各種の病気を媒介する衛生害虫である。 英語の mosquito という単語は、スペイン語もしくはポルトガル語に由来し、「蝿」を意味する mosca に指小辞のついたものである。この語の使用された記録は1583年にさかのぼる。 カの最も古い化石は、1億7,000万年前の中生代ジュラ紀の地層から発見されている。 形態・生態 体長 成虫はハエと同様、2枚の翅を持ち、後翅は退化して平均棍になっている。細長い体型で、頭は丸く、足は長い。大きさはさまざまだが、ほとんどは15mm以下である。飛行能力は低く、エアコン、扇風機といったわずかな風によって飛行障害を起こしてしまう。 飛行速度 重量はわずか2–2.5mg、飛行速度は約1.5–2.5km/hほどであり、通常でも1秒間に520回以上羽ばたくが、吸血後は体が重くなるため大幅に羽ばたく回数が増え、それに伴い飛行速度は落ちる。

概要 (Wikipediaから引用)

香(こう)とは、本来、伽羅、沈香、白檀などの天然香木の香りをさす。そこから線香、焼香、抹香、塗香等の香り、またこれらの総称として用いられる。お香、御香ともいう。 仏教の発祥地であるインドは多くの香木の産地であり、また酷暑の気候による悪臭を防ぐために、香は重要な役割を果たしている。仏教では、香を焚くと不浄を払い心識を清浄にするとされ、仏前で香を焚き、花や灯明とともに仏前に供することを供養の基本としている(「香華を手向ける」という言葉がある)。また仏像、仏具の材料として香木を用いる事も多く、経典の中にも香についての記述は多い。仏教と深い関わりがある他、多くの宗教でも用いられている。 キリスト教では正教会が振り香炉などで頻繁に用いる。 香の歴史はかなり古く、紀元前3000年前のメソポタミア文明のころまで遡る。種類も多く、白檀、丁香などのように樹木の皮、葉、根などの粉末や、乳香、安息香など、芳香のある樹脂や麝香、竜涎香など動物性のものがあり、ふつう香木(明香)と練香(煉香、合香)とに分けられる。

刈る

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

駈る

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

穫る

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

駆る

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

かる

概要 (Wikipediaから引用)

かるた(歌留多、加留多、嘉留太、骨牌)とは、カードを使った主に正月に遊ぶ室内遊具である。その名称はポルトガル語で「手紙」(葡: Carta)、あるいは紙板状のもの、トランプなどを意味するcartaに由来する。 元々はトランプなどのカードゲーム一般を指した。現代日本では、花札か、後述する読み札にあわせた絵札をとってその枚数を競う競技を意味するようになった。 また、小倉百人一首の場合は読み札には短歌が書かれ、取り札には下の句が書かれている。 道具 文字札・絵札ともに、あいうえお46枚ずつの札がある。一音につき一セットの読み札・取り札が用意されている。 文字札 - 取り札の絵の内容を書いた短い文章が書かれており、読み手(多くは大人)が声に出して読む。 絵札 - 読み札の内容を描いた絵と、読み札の短い文句の頭文字がひらがなで目立つように書いてあり、読み札を読むのに合わせて取り人が手を出して札を取る。 ルール 2人以上で行う。 取り札を平面(畳の上が多い)に広げ、取る人に見やすくする。 読み人が読み札を読む。 できるだけ早く、読み札に合った取り札を叩く(はじく、または押さえることもある)。

概要 (Wikipediaから引用)

く、クは、日本語の音節のひとつであり、仮名のひとつである。1モーラを形成する。五十音図において第2行第3段(か行う段)に位置する。清音の他、濁音(ぐ、グ)を持つ。また、話し手によっては、文節のはじめ以外で、子音が鼻音化した鼻濁音を用いる。鼻濁音は濁音と意味上の差異はない。 現代標準語の音韻: 1子音と1母音「う」から成る音。子音は、次の通り。 清音 「く」: 舌の後部を口蓋の奥の部分(軟口蓋)に押しあて一旦閉鎖した上で破裂させることで発する。無声。 濁音 「ぐ」: 舌の後部を口蓋の奥の部分(軟口蓋)に押しあて一旦閉鎖した上で破裂させることで発する。有声。 鼻濁音 「く゚」: 鼻に音を抜きながら、舌の後部を口蓋の奥の部分(軟口蓋)に押しあて一旦閉鎖した上で破裂させることで発する。有声。 五十音順: 第8位。 いろは順: 第28位。「お」の次。「や」の前。 平仮名「く」の字形: 「久」の草体 片仮名「ク」の字形: 「久」の部分 (最初の2画。『広辞苑』第六版より) ローマ字 く: ku ぐ: gu 点字: 40px 通話表: 「クラブのク」 モールス信号: ・・・- 手旗信号:1150px 発音:Japanese ku.ogg く く に関わる諸事項 合拗音の/kwa/, /gwa/は、「く」、「ぐ」に「わ」を後続させて表記する。

借る

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

苅る

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

狩る

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

概要 (Wikipediaから引用)

過去に存在したダイエーの店舗(かこにそんざいしたダイエーのてんぽ)は、株式会社ダイエーおよび子会社の閉鎖・出店断念店舗を掲載している。 かつてフランチャイズ提携によりダイエーの店舗として営業していた店舗で、フランチャイズ中の閉店、フランチャイズ契約解除による離脱の店舗については過去に存在したダイエーのフランチャイズ店舗を参照。 無印はダイエー。それ以外は基本的にブランド名を記述。 店舗名の後ろについている×は現在建物が解体された店舗。 ()内の旧:○○は、運営していた会社の変遷。ただし、閉店直後の運営会社については下記に記述する。 SC名称は届出が出ていた店舗のみ可能な限り記述する。 店舗名の前の4桁の数字は店番号。 北海道地区 1977年(昭和52年)に北海道ダイエー直営の2店舗を移管。 1990年(平成2年)3月に北海道ダイエーを吸収合併。 全北海道の進出は1973年(昭和48年)11月26日に開業した札幌店に始まり、その後、地元資本の会社を設立し琴似・麻生・厚別・手稲と店舗を増やすも、ダイエーの経営的ダメージの影響で多数の店舗が閉鎖に追い込まれた。

概要 (Wikipediaから引用)

架空の年代一覧(かくうのねんだいいちらん)は、小説・漫画・映画などのフィクションに登場する、実在しないものの年代の一覧。予言の類(例:「ノストラダムスの予言」)や、宗教上の出来事のように、架空であるかどうかが不確かなものも含むものとする。比較の為に実際の出来事も書いてある。実際の出来事に関しては年表を参照されたい。 分からない所は空欄。 年だけのものは、月日も分かるものよりも前に書く。(例:「1995年」は「1995年1月1日」よりも前)。 「199X年」は「1990年代」と解釈する。 「1900年代」は「1900年」よりも前に書く。 同じ日に実際の出来事と架空の出来事が起こった場合は実際の出来事を先に書く。

概要 (Wikipediaから引用)

嫁(よめ)は、元来は息子の妻や新婚の女性を指す語。対義語は婿。家制度が前提の時代には、外部から「家」に入ってくる女性という意味合いが強かった。 派生的な意味として、妻と同義にも用いられる。また、結婚相手たる女性を指す用法もある。 脚注 関連項目 配偶者#女性配偶者の呼び方en:daughter-in-law。

概要 (Wikipediaから引用)

か、カは、日本語の音節のひとつであり、仮名のひとつである。1モーラを形成する。五十音図において第2行第1段(か行あ段)に位置する。清音の他、濁音(が、ガ)を持つ。また、話し手によっては、文節のはじめ以外で、子音が鼻音化した鼻濁音を用いる。鼻濁音は濁音とおなじ表記であり、意味上の差異はない。 現代標準語の音韻: 1子音と1母音「あ」から成る音。子音は、次の通り。 清音 「か」: 舌の後部を口蓋の奥の部分(軟口蓋)に押しあて一旦閉鎖した上で破裂させることで発する。無声。 濁音 「が」: 舌の後部を口蓋の奥の部分(軟口蓋)に押しあて一旦閉鎖した上で破裂させることで発する。有声。