「かいうん」とは?

言葉 詳細
海雲

概要 (Wikipediaから引用)

海雲台区(ヘウンデく)は釜山広域市の南東に位置する区。 海雲台ビーチがあり、韓国を代表する国際的なリゾート地として有名。それとともに、大規模なニュータウンを擁する郊外住宅地区でもある。 地理 海雲台区は、水営湾の東側沿岸の海雲台一帯から後方の山中に広がる。区域の西に水営江が流れ、これをほぼ境界として水営区・東莱区と隣接。西北に金井区、東で機張郡と接する。 最高峰は海雲台海水浴場の背後にある萇山(634m)。区域改変によって萇山の北側にある盤如洞・盤松洞も海雲台区に組み込まれたため、区域の中央部に位置することになった。海雲台海水浴場から東へ山を隔てた松亭海水浴場一帯(松亭洞)も海雲台区の区域である。 1990年代にはニュータウン(海雲台新市街地、12万人を計画)を造成した。釜山市民の約10%が本区に暮らしている。 1942年10月 - 区域が釜山府水営出張所に編入される。 1953年9月 - 右洞・中洞・佐洞を管轄する海雲台出張所が発足。 1957年1月 - 釜山市区制実施に伴い東莱区海雲台出張所に改編。

開運

概要 (Wikipediaから引用)

開運(かいうん)は、 運が開ける、すなわち幸運が訪れること。 後晋の年号。開運 (後晋)を参照。 西夏の年号。開運 (西夏)を参照。 静岡県掛川市小貫(旧大東町)の酒造メーカー土井酒造場が醸造している日本酒の銘柄。 関連項目 開運!なんでも鑑定団 開運号 - 京成電鉄で運行された特急電車(スカイライナー#沿革を参照)。

海運

概要 (Wikipediaから引用)

海運(かいうん、英語:marine transport)とは、海上を利用した旅客輸送・貨物輸送である。 海運は古来、大量・長距離物流の要であり、地中海や北海、インド洋などで活発な活動が見られたが、造船技術や航海技術の発達により、大陸間航行などが行われるようになると、その存在は一段と重みを増した。 第二次世界大戦以前は豪華な客船が数多く建造され、大陸間交通などの長距離の旅客輸送の主役であったが、航空機の発達と共に旅客航路は衰退し、21世紀の現在は、近海や海峡など短距離交通路としての連絡船・フェリー、および船旅そのものを楽しむクルーズ客船などに限られている。しかし貨物輸送としては現代でも、国際間貿易の物流の主軸であり、大型コンテナ船や巨大タンカーに代表される船によって世界中の港が結ばれている。一方で1970年代から、空荷船の積むバラスト水による生態系への悪影響が問題視されるようになった。 海運は他の運輸手段に比べて以下のような特徴を持つ。 船の長所と短所も参照のこと。 低コスト 低速である限りは重量・距離当りのコストが他の運輸手段に比べて格段に安く、大量・長距離の輸送に適する。