「かいか」とは?

言葉 詳細
怪火

概要 (Wikipediaから引用)

『あやかしの怪火』より : 怪火(かいか)は、原因不明の火が現れる怪異現象。 鬼火、人魂、ウィルオウィスプなど、世界各国に事例があり、特に陰湿な気候の土地に多く見られる。 伝説上においては、こうした火は現世をさまよう死者の霊、悪魔や妖怪の仕業、妖精の悪戯などともいわれ、多くの場合は人間の恐怖の対象となる。怪火が現れた後に人間が死んだという、怪火が死を予告しているかのような話も各国にみられる。ドイツやスコットランドには、怪火の現れる場所には財宝が埋れているという俗信があり、金銀の精気、または財宝を副葬品として葬られた人間の霊だとも伝えられている。UFOと結び付けられて考えられることもある。 かつて原因不明とされた怪火の中にも、セントエルモの火や不知火のように、近年では放電による発光現象や大気光学現象として原因が解明されているものもあり、ほかの怪火についても、可燃性ガスの引火、球電、流星の落下、たいまつなどの単なる照明用の火や人工物の錯覚・誤認、人間の悪戯など多くの説が唱えられている。

階下

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

開架

概要 (Wikipediaから引用)

『開架式図書館』より : 公開書架(こうかいしょか、英語:open shelf)とは、図書館において、利用者が図書などの資料を直接触れる事が可能になっている構造の書架を指す。 アメリカの図書館学者・アーサー・ボストウィック(1860年-1945年)は、「公開書架と館外貸出は公共図書館のマグナカルタである」と述べている。アメリカでは19世紀末期より書架を公開して利用者に読書の選択肢を与える試みが行われるようになった。 日本では1907年に佐野友三郎が山口県立図書館において書庫に収まりきらなくなった図書を書架ごと公開したのが最古の例とされている。だが、戦前においては蔵書の管理・保存が重要視され、公開開架の普及が本格化するのは戦後のことである。 1960年代に日本の図書館に置いても館外貸出が一般化するにつれて書庫の公開が進み、貴重な文献などを除いては公開して利用者の読書や貸出図書の選択に資することが広く行われるようになっていった。

開化

概要 (Wikipediaから引用)

『』より :

開花

概要 (Wikipediaから引用)

社色=#705ca8 文字色= 駅名=開花山駅 韓国語=개화산 よみがな=ケファサン ローマ字=Gaehwasan 副駅名= 所属事業者=ソウル特別市都市鉄道公社 駅間A=0.9 駅間B=1.2 キロ程=0.9 起点駅=傍花駅 傍花 所在地=ソウル特別市江西区 (ソウル特別市) 江西区傍花3洞 531-16 駅構造=地下駅 ホーム=相対式 2面2線 開業年月日=1996年3月20日 廃止年月日= 乗車人員=