「かかりむすび」とは?

言葉 詳細
係結び

概要 (Wikipediaから引用)

『係り結び』より : 係り結び(かかりむすび)は、ある文節が係助詞によって強調され、あるいは意味を添えられた(係り)場合に、それを直接の連用要素とする述部の最後尾要素が呼応して特定の活用形に決まる(結び)という文法規則をいう。古典日本語や琉球方言を含む一部の日本語の方言で用いられるが、現代標準日本語においてはほぼ消失している。係り結びの法則ともいう。 具体的には、「ぞ」(上代には「そ」)、「なむ」(「なん」、上代には「なも」)、「や」(反語)、「か」(疑問;単独の疑問詞の場合もある)に対しては結びが連体形、「こそ」に対しては結びが已然形になる。 例: 音 聞こゆ(終止形)→音ぞ聞こゆる(連体形) 今 別れむ(終止形)→今こそ別れめ(已然形)また、「は」、「も」は結びが終止形になる係助詞である。なお、「は」、「も」の係り結びを認めない立場もある(新典社『係助詞と係結びの本質』、勉誠出版『かかりむすび考』など)。 上代(奈良時代以前)には形容詞の活用形が揃っていなかったため、「こそ」に対し形容詞の連体形が用いられている例がしばしば見受けられる。

係り結び

概要 (Wikipediaから引用)

係り結び(かかりむすび)は、ある文節が係助詞によって強調され、あるいは意味を添えられた(係り)場合に、それを直接の連用要素とする述部の最後尾要素が呼応して特定の活用形に決まる(結び)という文法規則をいう。古典日本語や琉球方言を含む一部の日本語の方言で用いられるが、現代標準日本語においてはほぼ消失している。係り結びの法則ともいう。 具体的には、「ぞ」(上代には「そ」)、「なむ」(「なん」、上代には「なも」)、「や」(反語)、「か」(疑問;単独の疑問詞の場合もある)に対しては結びが連体形、「こそ」に対しては結びが已然形になる。 例: 音 聞こゆ(終止形)→音ぞ聞こゆる(連体形) 今 別れむ(終止形)→今こそ別れめ(已然形)また、「は」、「も」は結びが終止形になる係助詞である。なお、「は」、「も」の係り結びを認めない立場もある(新典社『係助詞と係結びの本質』、勉誠出版『かかりむすび考』など)。 上代(奈良時代以前)には形容詞の活用形が揃っていなかったため、「こそ」に対し形容詞の連体形が用いられている例がしばしば見受けられる。

係りむすび

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。