「かくご」とは?

言葉 詳細
客語

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

覚悟

概要 (Wikipediaから引用)

正覚(しょうがく、巴: sammā-sambodhi, サンマー・サンボーディ、梵: samyak-sambodhi, サンミャク・サンボーディ、「正しい-覚り/悟り」)とは、仏教における悟りの境地のこと。正等正覚(しょうとうしょうがく)、正等覚(しょうとうがく)、等正覚(とうしょうがく)、あるいは漢字音訳で、三藐三菩提(さんみゃくさんぼだい)、または単に菩提(ぼだい)とも言う。覚悟(かくご)、悟り(さとり)とも。 また、主に大乗仏教で用いられる、その至高性・完全性をより強調した、かしこまった表現としては、無上正覚(むじょう-しょうがく、梵: anuttara-samyak-sambodhi, アヌッタラ・サンミャク・サンボーディ)、無上正等正覚(むじょう-しょうとうしょうがく)、無上正等覚(むじょう-しょうとうがく)、無上等正覚(むじょう-とうしょうがく)、無上菩提(むじょう-ぼだい)、あるいは漢字音訳で、阿耨多羅三藐三菩提(あのくたら-さんみゃくさんぼだい)といった表現もある。