「かご」とは?

言葉 詳細
カゴ

概要 (Wikipediaから引用)

『かご』より : かごは、人や物を入れる道具の名称として使われる。 駕籠 - 人を乗せる乗り物 籠(篭) - ものを入れる道具 エレベーターで人や荷物を載せる箱 カニ、エビ漁業で用いる漁具カゴ(Cagot)は、フランス西部とスペイン北部の被差別民の名称。

加胡

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

概要 (Wikipediaから引用)

『籠』より : 籠(かご)とは、短冊状ないし細いひも状の素材をくみ合わせたり編んだりして作成した運搬を目的とした容器の総称である。 解説 籠は、ざると同様液体を運ぶことを目的としないという特徴があり、材料には、軽さ、加工の容易さ、強度と耐水性を重視して竹や葦などの植物製の素材が好んで用いられる。現在では植物製素材のほかに、金属線(針金)や熱可塑性樹脂を使用する場合も多い。金属製のものは鋼線をビニールで被覆したものや真鍮製(被覆無し)から、ステンレスや銅製へ移行している。 乗り物の「かご」も同一語源で、駕籠の文字が宛てられている。 脚注 注釈 出典 参考文献 関連項目 虫かご ゆりかご 竹細工 別府竹細工 竹工芸技能士 網 - 金網。

香河

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

概要 (Wikipediaから引用)

『伽耶』より : 伽耶(かや)は加羅(から)の現代韓国に於ける表記。また加羅諸国(からしょこく)は、3世紀から6世紀中頃にかけて朝鮮半島の中南部において、洛東江流域を中心として散在していた小国家群を指す。後述のように、広義の任那に含まれるが狭義の任那とは位置が異なる。以下、本文上は加羅で統一する。 呼称 414年に高句麗が建立した広開土王碑文にある「任那加羅」が史料初見とされている。 中国梁国の時の537年に蕭子顯が編纂した史書に南齊書よると、加羅國,三韓種也。建元元年,國王荷知使來獻。詔曰:「量廣始登,遠夷洽化。加羅王荷知款關海外,奉贄東遐。可授輔國將軍、本國王。 と記録されている。 倭国の後継国である日本で720年に成立した『日本書紀』では、加羅と任那が併記される。 中国の史書では、『宋書』で「任那、加羅」と併記される。その後の『南斉書』、『梁書』、660年に成立した『翰苑』、801年成立の『通典』、『太平御覧』(983年成立)、『冊府元亀』(1013年成立)も同様の併記をしている。

駕篭

概要 (Wikipediaから引用)

『駕籠』より : 駕籠(かご)は、人を乗せて人力で運ぶ乗り物のこと。人が座る部分を一本の棒に吊し、複数人で棒を前後から担いで運ぶ。 人が座る部分は、竹製の簡易な籠状のものや(これが駕籠の語源でもある)、木製の箱状のものなどである。英語ではpalanquinが当てられる。また引き戸がついているものは特に乗物と呼んだ。三人一組(一人は交替要員)で担ぐ場合を三枚肩(さんまいがた)、四人一組(一つの駕籠を四人同時に担ぐか、二人で担いで残りは交替要員)で担ぐものを四枚肩(しまいがた)と呼んだ。さらに八人で交替に担ぐものは、八枚肩(はちまいがた)、あるいは八人肩(はちにんがた)と呼ばれた。 同様に人力で人を運ぶ輿(こし)は、2本以上の棒の上に人が乗る台を載せたものである。 江戸時代まではよく使われたが、明治時代に入ると急速に人力車に取って代わられていき、明治5年(1872年)までには交通・運送手段としての役割を終えてほぼ姿を消した(仙人峠のように人力車の入れない山道では存続した例もわずかにある)。

訛語

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

かご

概要 (Wikipediaから引用)

かごは、人や物を入れる道具の名称として使われる。 駕籠 - 人を乗せる乗り物 籠(篭) - ものを入れる道具 エレベーターで人や荷物を載せる箱 カニ、エビ漁業で用いる漁具カゴ(Cagot)は、フランス西部とスペイン北部の被差別民の名称。

概要 (Wikipediaから引用)

籠(かご)とは、短冊状ないし細いひも状の素材をくみ合わせたり編んだりして作成した運搬を目的とした容器の総称である。 解説 籠は、ざると同様液体を運ぶことを目的としないという特徴があり、材料には、軽さ、加工の容易さ、強度と耐水性を重視して竹や葦などの植物製の素材が好んで用いられる。現在では植物製素材のほかに、金属線(針金)や熱可塑性樹脂を使用する場合も多い。金属製のものは鋼線をビニールで被覆したものや真鍮製(被覆無し)から、ステンレスや銅製へ移行している。 乗り物の「かご」も同一語源で、駕籠の文字が宛てられている。 脚注 注釈 出典 参考文献 関連項目 虫かご ゆりかご 竹細工 別府竹細工 竹工芸技能士 網 - 金網。

過誤

概要 (Wikipediaから引用)

過誤腫(かごしゅ、hamartoma)とは、一般的には腫瘍と奇形(形態発生異常)の中間的な性格の病変とされている。ただし、過誤腫と良性腫瘍、過形成との厳密な区別は研究者により曖昧である。 病理学的に認容されている定義は、「臓器や器官に固有の細胞や組織成分が、臓器内で過剰に発育または過剰増殖することである。過誤腫の構成細胞は周囲の正常細胞と同一であり、成熟した細胞で占められる。しかも、過誤腫から正常な組織や器官が派生することはない。」というものである。 過誤腫と病理学的に診断される機会の多い肺過誤腫を例に挙げれば,胸部X線検査やCT検査で偶然発見される孤発性の銭形陰影(coin lesion)を示す「腫瘍様」病変である。切除された病変を病理組織学的に検査すると、分葉状に気管支軟骨が限局性に増生し,それに接して嚢胞状ないし分岐した気管支上皮が附属している像が観察される。これら軟骨や気管支上皮は正常な気管支構成成分と同一であり、成熟した細胞で占められている。ただし構造的には「奇形」と形容できる。この病変を放置しても病変が急激に増大したり、周囲の構造を浸潤性に破壊したりすることはない。

嗅ぐ

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

かぐ

概要 (Wikipediaから引用)

『ドラえもんの道具 (かあ-かそ)』より : ドラえもん > ドラえもんの道具一覧 > ドラえもんの道具 (かあ-かそ)ドラえもんの道具 (かあ-かそ)では、藤子・F・不二雄の漫画及びアニメ『ドラえもん』に登場するキャラクターであるドラえもん (架空のキャラクター) ドラえもんが、腹部の4次元ポケットから出す道具(ひみつ道具)のうち、読みが「かあ」で始まるものから「かそ」で始まるものまでを列挙する。ガードしおまねきは、藤子・F・不二雄のSF漫画『ドラえもん』に登場する架空の道具。「もぐれ!ハマグリパック」(てんとう虫コミックス42巻に収録)に登場。ドラえもんの道具 (は)#ハマグリパック ハマグリパックを守るシオマネキ型の小型ロボット。パックを奪おうとする者が接近すると、ハサミで襲い掛かる。

加護

概要 (Wikipediaから引用)

加護 亜依(かご あい、1988年2月7日 - )は、日本の女優、歌手、タレント。ハロー!プロジェクトの元メンバーでモーニング娘。の元メンバー(第4期)、女性デュオW(ダブルユー)の元サブリーダー。ハロプロ時代の事務所はアップフロントエージェンシー(現・アップフロントプロモーション)。その後の所属事務所は「R&Aプロモーション」系列の「メインストリーム」を経て「威風飄々(現・ピークハントプロダクション)」。2016年1月20日、「アルカンシェル」への移籍がアナウンスされる。 奈良県大和高田市出身。愛称は、「あいぼん」や「加護ちゃん」など。身長は155cm。 2000年 3月 - テレビ番組『ASAYAN』内で行われた「モーニング娘。第3回追加オーディション」にて石川梨華、吉澤ひとみ、辻希美 と共に合格。加護を指導した「教育係」は後藤真希。 7月 - 石川梨華と共にグループ内ユニットタンポポに加入。 7月 - 矢口真里、辻希美とともに身長150cm以下のユニット、ミニモニ。を結成。2002年9月まで、タンポポとユニット掛け持ちとなった。