「かさご」とは?

言葉 詳細
笠子

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

カサゴ

概要 (Wikipediaから引用)

カサゴ (鮋・笠子・瘡魚、Sebastiscus marmoratus) は、カサゴ目フサカサゴ科(あるいはメバル科)に属する魚類の標準和名。 全長30 cm。日本近海を含む太平洋西部の暖海域に分布し、沿岸の岩礁や海中林などに生息する。食用魚としてさまざまな料理に用いられる。 学名 学名(ラテン語)のうち属名の Sebastiscus (セバスティスクス)は、ギリシア語の Σεβαστός (sebastos、セバストス、「尊厳」の意)に由来する合成語で、西欧人名 Sebastian (音訳例:セバスチャン、セバスティアン)と同根である。種小名 marmoratus (マルマラトゥス)は、大理石(マーブル)模様を意味するラテン語 marmor (マルモル、en:marble)に由来。 和名 標準和名和名は、頭部が大きく、笠をかぶっているように見えることから起こった俗称「笠子」に由来すると考えられている。

かさご

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。