「かぜ」とは?

言葉 詳細

概要 (Wikipediaから引用)

風(かぜ)とは、空気の流れのこと、あるいは流れる空気自体のことである。 「風」という言葉の意味 現代では「気流」が類義語にあたる。「風」に対して、風が全くない無風状態のことを「凪」という。 また、古来、風という言葉は眼に見えないものを象徴するためにも使われる。日本語でも意味深い言葉であるが、日本語以外では例えばヘブライ語で風に相当し、龍の発音に似る「Ru(巻き舌)ah」という言葉は深い意味を持っている。(→聖霊、霊性の項に説明あり) 空気全体の動きということで、全体的な雰囲気の方向のような意味で「風」という言葉が使われる例が多い。選挙において「無党派の風が吹いた」とか、「逆風が強かった」等という。また、芸術やファッションなどにおいて○○風(ふう)というのもこれに近い。 風の名前 風は人々に大きな影響を与える。人々は様々な風を区別し、様々な名前をつけてきた歴史がある。例えば以下のようなものがある。 風向によるもの北風、南風、東風、西風風向別の呼称は、単に方角を付けただけではなく、その風のイメージが付加されることが多い。

加勢

概要 (Wikipediaから引用)

加勢 大周(かせ たいしゅう、1969年12月29日 - )は、日本の元俳優。本名、川本 伸博(かわもと のぶひろ)。 北海道函館市出身。兄嫁のおじに前川清がいる(いわゆる遠戚)。 1989年、東京都立玉川高等学校卒業。 高校時代は、授業をさぼってはタバコと麻雀に明け暮れていた。当時髪の毛を短くし立たせており、更に図体が大きいことから「ラオウ」と呼ばれていた(決してケンカが強いからではない)。 1990年、桑田佳祐初監督の映画『稲村ジェーン』で主役に抜擢され俳優デビュー。その関係からか、同年12月31日にTBSで中継された年越しライブ『歌うサザンに福来たる』にも出演していた。その後吉田栄作・織田裕二とともに「トレンディ御三家」(平成御三家とも)と呼ばれ、ドラマにも引っ張りだこだった。 ところが、1991年に加勢が実母を社長に据えて個人事務所を設立し前事務所(インターフェイスプロジェクト)からの独立を画策した際に、前事務所が芸名の使用の停止を求めて裁判所に提訴し揉めた。

カゼ

概要 (Wikipediaから引用)

『かぜ』より : かぜ 風は水平方向の気流のこと 風邪は病気の一つ 落語で、扇子のこと 風部は漢字の部首の一つ 関連項目 KAZE (曖昧さ回避)。

風邪

概要 (Wikipediaから引用)

風邪(かぜ、common cold, nasopharyngitis, rhinopharyngitis, acute coryza, a cold)とは、呼吸器系の炎症性の症状のこと。またその状態を表す総称である。正式名称は、「感冒(かんぼう)」や「急性上気道炎」医学的には「風邪症候群」と呼ばれる。 風邪とは、主にウイルスの感染によって上気道(鼻腔や咽頭等)が炎症性の疾病に掛かった状態のことであり、咳嗽、咽頭痛、鼻汁、鼻づまりなど局部症状(カタル症状)、および発熱、倦怠感、頭痛などの全身症状が出現した状態のことである。 鼻汁は通常、風邪の初期はさらさらとした水様で、徐々に粘々とした膿性に変化する。 医学的な定義は文献によって異なっている。多くの場合、単に風邪と言えば急性上気道炎(普通感冒)を指し、それ以外を風邪と呼ぶことは少ない。西洋医学的には「風邪症候群」と呼ぶことが多い。 俗称として、消化管のウイルス感染によって嘔吐、下痢、腹痛などの腹部症状と上記全身症状を来した状態を、「感冒性胃腸炎」「お腹の風邪」(もしくは胃腸かぜ、一部地方では腸感冒)と呼ぶこともある。

かぜ

概要 (Wikipediaから引用)

かぜ 風は水平方向の気流のこと 風邪は病気の一つ 落語で、扇子のこと 風部は漢字の部首の一つ 関連項目 KAZE (曖昧さ回避)。