「かなで」とは?

言葉 詳細
金手

概要 (Wikipediaから引用)

金手駅(かねんてえき)は、山梨県甲府市城東一丁目にある、東海旅客鉄道(JR東海)身延線の駅。 駅構造 単式ホーム1面1線を有する地上駅。線路はほぼ南東から北西に走り、ホームは線路の南西側に設けられている。駅の善光寺寄りに、ホームに接する形で高床式の簡易駅舎が設けられており、外へはそこから階段で下る。 南甲府駅管理の無人駅。無人化は1970年(昭和45年)のことで、身延線内のほかの駅と比較すると時期が早い。それ以前には駅員が配置されていたので、駅舎内部には出札口の跡が残っている。 駅のある部分は、身延線の線路の北側に中央本線の線路が並行しているが、中央本線部分には駅はなく、ホームから中央本線の列車が通過していく様子を眺めることができる。この様子は東小諸駅 - 乙女駅における小海線としなの鉄道線の関係に似ている。このため国鉄時代の金手 - 甲府は静岡鉄道管理局ではなく東京西鉄道管理局の管理区間だった。 甲府駅が大都市近郊区間に含まれるため、甲府から新宿駅や塩尻駅方面に向かう場合、100㎞以上の区間でも途中下車できないが、近郊区間外である当駅を発着する乗車券を購入すれば途中下車が可能となる。

かなでる

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

奏でる

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。