「かふぇてりあ」とは?

言葉 詳細
カフェテリア

概要 (Wikipediaから引用)

カフェテリア (スペイン語: cafetería) は、セルフサービスの食堂。 あらかじめ並べられている料理を利用者が選んだり、カウンター越しに料理をよそってもらい、最後にレジで精算する。給仕する人件費がいらないため、そのぶん安価に食事を提供できる。公共施設等や、大学の学生食堂や社員食堂等でもこの型式を採るものもある。その他カーフェリーのレストランは、この方式が多い。セルフサービスの讃岐うどん店でも、カフェテリア方式を採用している。 また、企業の福利厚生の提供方式として、「カフェテリアプラン」というものがある。詳細は人事#カフェテリアプランを参照。 新幹線のカフェテリア 東海旅客鉄道と西日本旅客鉄道が保有した新幹線100系において、食堂車を連結しない編成で給食設備及び車内販売の基地として位置づけられた車内売店。東海道新幹線において同車両が運用を終了するまで連結されていたが、同車が引退する直前まで販売営業をおこなっていた。小規模な飲食スペースも備えた同様の設備を東日本旅客鉄道の保有する新幹線200系に持った編成があったが、同様に販売営業を中止している。