「かみのほ」とは?

言葉 詳細
上保

概要 (Wikipediaから引用)

上保原駅(かみほばらえき)は、福島県伊達市保原町上保原にある阿武隈急行線の駅である。 キャッチフレーズは、「疎水光る桃源郷」。 駅構造 単式ホーム1面1線を有する地上駅である。 利用状況 阿武隈急行 - 2013年度の1日平均乗車人員は、230人である。 近年の乗車人員は以下の通りである(いずれも1日平均)。 駅周辺 周囲には田園風景が広がる。 福島県道4号福島保原線 JA伊達みらい上保原支店 福島交通上保原バス停・田向バス停 1988年(昭和63年)7月1日 - 開業。 隣の駅 阿武隈急行 ■阿武隈急行線 高子駅 - 上保原駅 - 保原駅 脚注 関連項目 日本の鉄道駅一覧。

上之保

概要 (Wikipediaから引用)

上之保村(かみのほむら)は、岐阜県武儀郡にあった村である。2005年2月7日に武儀郡の他4町村と共に関市に編入された。 地理 山・峠:高岡山、岳山、、小峠、放生峠 河川:津保川、小那比川 隣接していた自治体 郡上市 益田郡 金山町 加茂郡 七宗町 武儀郡 武儀町 明治時代初期、岩山崎村、祖父川村、大洞村、粟野村、町村、武儀倉村、雁曽礼村、宮脇村、川合村、船山村、明ケ島村、行合村、鳥屋市村、が合併し、上之保村となる。旧・岩山崎村、祖父川村、大洞村、粟野村、町村、武儀倉村、雁曽礼村を「下村」、旧・宮脇村、川合村、船山村、明ケ島村、行合村、鳥屋市村を「上村」と称し、上村と下村を合わせて上之保村としていたという。 1874年(明治7年) - 上之保村(下村)と水成山村が合併し、富之保村となる。上之保村は上之保村(上村)のみとなる。 1889年(明治22年)7月1日 - 町村制施行により上之保村が成立 2005年(平成17年)2月7日 - 板取村・上之保村・洞戸村・武儀町・武芸川町が関市に編入される 姉妹・友好都市 音威子府村(北海道) カナダの旗 クレストン町(カナダ) 行政 最後の村長:波多野保 教育 上之保中学校 上之保小学校 交通 鉄道 村内に鉄道路線なし 道路 主要地方道 岐阜県道63号美濃加茂和良線 岐阜県道85号金山上之保線一般県道 岐阜県道294号上之保下袋坂線農道 美濃東部広域農道 名所・旧跡・観光スポット・祭事・催事 名所・旧跡・観光スポット 鳥屋市の不動堂 三十三観音塔 船山の冷泉 大乗滝ふ 祭事・催事 八幡神社村祭 関連項目 岐阜県の廃止市町村一覧 上保村 外部リンク 関市・武儀郡町村合併協議会。