「かんしょく」とは?

言葉 詳細
感触

概要 (Wikipediaから引用)

感覚(かんかく) 生理学としては、知覚の方法である。感覚とその作用、分類、理論は様々な分野で重なって研究されている。例えば神経科学、認知科学、認知心理学、哲学がある。 用法として、高次な認知の仕方(文化的・社会的な物事の感じ方)、不安や類推などの心の動きも「感覚」ということがある(用例:「日本人の感覚では・・・」「新感覚」)。以下の記述は、生理学的「感覚」について、である。 定義と歴史 現在、広く認められている感覚の定義は、「特定の物理的エネルギーに応答し、脳内におけるシグナルが受容・解釈される決められた部分に一致する、感覚細胞の型(またはそのグループ)を含む一つのシステム」だろう。論争が起こるところは、多様な細胞の正確な分類と脳に於ける領域のそれらのマッピング(位置づけ)である。 アリストテレスは霊魂論でヒトの感覚を初めて分類し、視覚、聴覚、触覚、味覚、嗅覚の5つがあるとした。これが広く知られる五感であるが、現在は実際にはそれ以上の数の感覚があることがわかっている。 ただし、現代の生理学では感知される情報の内容、感知機序、伝達様式などによって多様に分類されており、その分類自体も確定してはいない。

寒色

概要 (Wikipediaから引用)

寒色(かんしょく)は、色の種類で、視覚から寒い印象を与える色。青、もしくは青に近い色から受ける。比較的後退して見えるので、別名を後退色という。 寒色の効能 寒色は視覚的に副交感神経に作用し、興奮を鎮めたり食欲を減退させる効果を持つとしてカラーマーケティングの現場で利用される。 実際に、室温や間取りなどの条件が同じ部屋に何人かの被験者に出入りしてもらうという実験では、寒色系の壁の部屋のほうが体感温度が2〜3℃低いという結果が出た。 また、別の条件下で「今の室温は何度だと思いますか」の一文を、液晶カラーモニターに表示される背景色を替えて質問するという実験では、赤と橙色では実際の室温に近かったのに対し、寒色系および黒・白色の場合の回答が実際の室温より5℃前後低かった。 銀行や病院の待合室に寒色系の色が使われることが多いのは、時間を短く感じさせる効果(鎮静作用)を狙ったものであると同時に寒色系などの色が誠実さや清潔さを感じさせるからという理由が大きい。

閑職

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

官職

概要 (Wikipediaから引用)

官職(かんしょく)とは官吏の職のことをいう。具体的には以下の通りに分類される。また、官職の名称のことを官名(かんめい)という。 官と職。官とは職務の一般的種類のことを指し、職は担当すべき職務の具体的範囲を示す呼び方のこと。 国家公務員に割り当てられる一定の職務、責任をもって占める地位のこと。日本では主に行政府、司法府の常勤職員及び非常勤職員に対して用いられ、立法府ではあまり用いられない。アメリカの立法府は下院議員補佐官などの例がある。 官吏の担当する職務の一般的な分類である官と、その下の具体的な類別である職のこと。 官制上の地位のこと。 上記の通り、官職とは「官」と「職」からなる。和漢の籍にその由来を求めれば、古代中国では官とは『説文』に曰く「吏、君に仕えるなり」といい、『周礼』に曰く「自ら臣属を置きて家を治むるを謂うなり」とある。また、職は『増韻』に曰く「執掌なり」といい、『爾雅釈詁』に「職は主なり」とあり、官と職は分けて考えられた。日本も隋唐に倣い律令制を導入する中で官職という概念が取り入れられ、『官位令義解』には「大臣以下書吏以上を官と曰う」とし『職員令義解』には「職は職司なり」と区別している。

間色

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

間食

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。