「かんぜ」とは?

言葉 詳細
観世

概要 (Wikipediaから引用)

観世流(かんぜ-りゅう)は能楽における能の流派の一。シテ方、小鼓方、大鼓方、太鼓方がある。 シテ方 シテ方観世流は大和猿楽四座のひとつ結崎座に由来する能の流儀。流儀の名は流祖観阿弥の幼名(芸名とも)である「観世(丸)」に基く。二世世阿弥は能の大成者として名高い。現宗家は二十六世観世清和。能楽協会に登録された能楽師は2006年の時点で560名あまりにのぼり、五流最大の流勢を誇る。一時梅若家が梅若流として独立したこともあったが、現在は観世流に復帰している。 大流であるため、内部に芸風の差があるが、豊麗で洗練された味わいが特色とされる。謡はギンを出さず(産み字をつけない)、高音を利かせて、華やかに謡うのが特色で、型も圭角のすくない、まろやかなものを好む。戦後『三山』『求塚』『蝉丸 (能)』を復曲し、現行曲は210番。 = 観阿弥・世阿弥 = 流祖観阿弥清次(1333年〜1384年)は山田猿楽の美濃大夫に養子入りした何某の三男で、結崎座の大夫(「棟梁の仕手」)となった。

神瀬

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

感ずる

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

かんずる

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

観ずる

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。