「が」とは?

言葉 詳細

概要 (Wikipediaから引用)

画(が、かく。旧字体畫) 単体では絵をさす。 字の画数で使用される単位。 関連項目 画で始まる記事の一覧。

概要 (Wikipediaから引用)

『鴨川 (淀川水系)』より : 鴨川(かもがわ)は京都府京都市を流れる淀川水系の一級河川。京都市北区 (京都市) 北区の桟敷ヶ岳を源流とする。雲が畑の山中を流れた後、北区上賀茂で京都盆地に出る。上賀茂神社(賀茂別雷神社)、下鴨神社(賀茂御祖神社)脇を南南東に流れ、賀茂大橋手前で高野川と合流する。そこから京都市中央部を真南に流れ、四条大橋付近から南西流に転じ、伏見区下鳥羽で桂川 (淀川水系) 桂川に注ぐ。中京区で西に高瀬川 (京都府) 高瀬川を分け、以南で並行する。正式には源流からすべて鴨川であるが、高野川 (京都市) 高野川の合流点より上流は通例賀茂川と表記される。加茂川と表記されることもある。源流から岩屋橋までは”祖父谷川”、岩屋橋から出合橋までは”雲が畑川”の名がある。

概要 (Wikipediaから引用)

臥蛇島(がじゃじま)は、鹿児島県のトカラ列島に属しトカラ列島で最大の中之島の西約28kmに位置する無人島である。1970年(昭和45年)に全島民が移住し無人島となった。 地名(行政区画)としての「臥蛇島」は鹿児島県鹿児島郡十島村の大字となっており、島の全域及び小臥蛇島の全域が大字の範囲に含まれている。郵便番号は891-5200。 地勢 臥蛇の名前については、海東諸国記に「掛蛇島」、清汪楫録に「臥蛇また外蛇」と記されている。その名が示すとおり、島を沖から眺めると、蛇が伏せた様な形をしている。 また、元島民によると、昔船着場の近くに丁度蛇が伏せたような形の岩があったから、とも言われている 。なお、この岩は今では台風により流失。 年平均気温:18.1℃ 年間降水量:2619.7mm 長径約3km、短径約2km、最高点は御岳_(臥蛇島)の497m。周囲は高さ50mから100mの断崖で、楠久浜に僅かだが海浜がある。平坦地は殆ど無く、北西部に緩やかな斜面があるのみ。 島そのものは新第三紀鮮新世の古い火山活動により出来たと考えられているが、無人化により地質調査が成されていない為、詳細は不明。

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

概要 (Wikipediaから引用)

『ガ』より : ガ(蛾)とは、節足動物門・昆虫綱・チョウ目(鱗翅目、ガ目とも)に分類される昆虫のうち、チョウ(具体的にはアゲハチョウ上科、セセリチョウ上科、シャクガモドキ上科)を除いた分類群の総称。 日本にはチョウ目の昆虫が3,500種類知られているが、「チョウ」と呼ばれるものは250種類にすぎず、他はすべて「ガ」である。世界全体で見ると、ガの種類数はチョウの20 - 30倍ともいわれている。チョウとガに明確な区別はない(チョウ目参照)。 成長段階は、卵 - 幼虫 - 蛹 - 成虫という完全変態をおこなう。幼虫は外見や行動によってイモムシ、ケムシ、シャクトリムシ、ミノムシなどと呼ばれる。 幼虫は植物食のものが多いが、様々な食性を持つものがある。例えば主にヒグラシなどセミの仲間に寄生するセミヤドリガ、コナラやクヌギに穿孔し樹液に集まる虫を捕食するボクトウガ、普段は植物食だが機会的にイモムシなどを捕食するオオタバコガ、ミツバチの巣を専食するハチノスツヅリガ(Honeycomb Moth、Galleria mellonella)、チョコレートなども含む乾燥子実類を食うノシメマダラメイガ、乾燥羽毛・獣毛を食うイガなどがいる。

概要 (Wikipediaから引用)

『伽耶』より : 伽耶(かや)は加羅(から)の現代韓国に於ける表記。また加羅諸国(からしょこく)は、3世紀から6世紀中頃にかけて朝鮮半島の中南部において、洛東江流域を中心として散在していた小国家群を指す。後述のように、広義の任那に含まれるが狭義の任那とは位置が異なる。以下、本文上は加羅で統一する。 呼称 414年に高句麗が建立した広開土王碑文にある「任那加羅」が史料初見とされている。 中国梁国の時の537年に蕭子顯が編纂した史書に南齊書よると、加羅國,三韓種也。建元元年,國王荷知使來獻。詔曰:「量廣始登,遠夷洽化。加羅王荷知款關海外,奉贄東遐。可授輔國將軍、本國王。 と記録されている。 倭国の後継国である日本で720年に成立した『日本書紀』では、加羅と任那が併記される。 中国の史書では、『宋書』で「任那、加羅」と併記される。その後の『南斉書』、『梁書』、660年に成立した『翰苑』、801年成立の『通典』、『太平御覧』(983年成立)、『冊府元亀』(1013年成立)も同様の併記をしている。

概要 (Wikipediaから引用)

ガ(蛾)とは、節足動物門・昆虫綱・チョウ目(鱗翅目、ガ目とも)に分類される昆虫のうち、チョウ(具体的にはアゲハチョウ上科、セセリチョウ上科、シャクガモドキ上科)を除いた分類群の総称。 日本にはチョウ目の昆虫が3,500種類知られているが、「チョウ」と呼ばれるものは250種類にすぎず、他はすべて「ガ」である。世界全体で見ると、ガの種類数はチョウの20 - 30倍ともいわれている。チョウとガに明確な区別はない(チョウ目参照)。 成長段階は、卵 - 幼虫 - 蛹 - 成虫という完全変態をおこなう。幼虫は外見や行動によってイモムシ、ケムシ、シャクトリムシ、ミノムシなどと呼ばれる。 幼虫は植物食のものが多いが、様々な食性を持つものがある。例えば主にヒグラシなどセミの仲間に寄生するセミヤドリガ、コナラやクヌギに穿孔し樹液に集まる虫を捕食するボクトウガ、普段は植物食だが機会的にイモムシなどを捕食するオオタバコガ、ミツバチの巣を専食するハチノスツヅリガ(Honeycomb Moth、Galleria mellonella)、チョコレートなども含む乾燥子実類を食うノシメマダラメイガ、乾燥羽毛・獣毛を食うイガなどがいる。

がる

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

概要 (Wikipediaから引用)

が、ガは、日本語の音節のひとつであり、仮名のひとつである。1モーラを形成する。か、カに濁点をつけた文字となる。 現代標準語の音韻: 1子音と1母音「あ」から成る音。舌の後部を口蓋の奥の部分(軟口蓋)に押しあて一旦閉鎖した上で破裂させることで発する。有声。 発音:Japanese ga.ogg が が に関わる諸事項 「が」は、日本語の格助詞、および接続助詞である。 関連項目 か か゚ ヶ。