「がいかく」とは?

言葉 詳細
外廓

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

外郭

概要 (Wikipediaから引用)

外郭団体(がいかくだんたい)とは、日本に於いて、官公庁の組織の外にありながら、その官公庁から出資・補助金を受けるなどして補完的な業務をおこなう団体のこと。事業・活動の内容や人事などの面で所管官公庁と密接な関連をもつが、設立の経緯、目的、組織形態、所管官庁の出資割合や出向職員数について、そのあり方は多種多様である。所管特例民法法人(2008年12月までの公益法人)、監理団体、出資法人など、所管官庁によってさまざまな呼称がある。 外郭団体は、主に特例民法法人及び公法人並びに特殊法人(「財団法人」ないし「社団法人」及び「独立行政法人」並びに「法人格のない財団」(いわゆる「任意団体」)等)の形態をとっている。昭和50年代以降にいわゆる行革・民活を推進する中で、行政組織を縮小しつつ、増大する行政ニーズに応えるために設立された団体も多い。 監督官庁の退職者(いわゆる天下り)ないし出向者が、その能力・経験・人脈などを生かして役員や幹部職員に就任することも多かったが、近年の天下り批判に対応して、独立行政法人などは役員や幹部職員を公募する例も増えてきている。

外角

概要 (Wikipediaから引用)

外角定理(がいかくていり)とは、三角形において2つの内角の和は隣り合わない1つの外角と等しい事を示す定理。三角形ABCにおいて、内角の各々を∠A、∠B、∠Cと表記し、辺BCをC側に延長した線上に点Pをとり∠Cの外角となる∠ACPを∠Pと表記する。三角形の内角の和は180゜より、 ∠A+∠B+∠C=180から、 ∠C=180-(∠A+∠B)…(X)となる。また、∠Pは∠Cの外角だから、 ∠C+∠P=180から、 ∠C=180-∠P…(Y)となる。(X)と(Y)より、 180-(∠A+∠B)=180-∠Pから、 ∠A+∠B=∠Pとなる。以上より、三角形の2つの内角の和は隣り合わない外角と等しい。 初等幾何学 数学に関する記事