「がいかん」とは?

言葉 詳細
外患

概要 (Wikipediaから引用)

『外患罪』より : 外患罪(がいかんざい)は、外国と通謀して日本国に対し武力を行使させ、又は、日本国に対して外国から武力の行使があったときに加担するなど軍事上の利益を与える犯罪である。現在、外患誘致罪(刑法81条)や外患援助罪(刑法82条)などが定められており、刑法第2編第3章に外患に関する罪として規定されている。刑法が規定する罪で最も重罪のものである。現在まで適用例はない。 外患罪は国家の存立に対する罪である。いわゆる国家への反逆となる戦争犯罪(売国行為)であり、刑法の中でも最も厳しい刑罰を科すものである。未遂・予備に留まらず、陰謀をすることによって処罰されうる点でも特異である。内乱罪が国家の対内的存立を保護法益とするのに対し、外患罪は国家の対外的存立を保護法益とする。 本罪の罪質については、国民の国家に対する忠実義務違反であるとする説と国家の存立の危殆化を罰するものであるとする説とがある。 本罪は国内犯はもちろん国外犯にも適用がある(刑法1条・刑法2条3項)。通常、「武力の行使」は国際法上の戦争までは意味しないと解されるが、何を以って武力とし(たとえば国内の自衛隊や警察の装備及び人員の利用など)、どのような手段を以って行使とするかについて明確な法解釈は存在しない。

外観

概要 (Wikipediaから引用)

エイドス(ギリシア語、είδος) 外部から見た印象(外観)のことである。同義語に外見がある。外観は内部事情と相違があることが往々にしてある。また、アイドルの語源でもある。 外観は建築等の用語で、建物の外側の様子を指す(対義語として建物の内部の様子を表す内観があるが、これは心理学や宗教等における意味とは異なる)。 形相。形式。 種。種子。 アイドス(Eidos)の日本語表記の一つ。

概観

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。