「がいこく」とは?

言葉 詳細
外こく

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

外国

概要 (Wikipediaから引用)

外国(がいこく、英: a foreign country、仏: pays étrangers)とは、自国以外のよその国のこと。 「国外」ともいう。古風には「異邦」「異国」とも言う。 「外国」とは、基本的に、ある人から見て、自国(母国)以外の、よその国のことである。 ほぼ同じ語義の言葉として「異国」「異邦」を挙げたが、それ以外にも「他国」「異境」「外地」などもある。 外国の人を「外国人」と言う。今日 「異邦人」と言うと、いくらか詩的な表現や気取った表現になる。 外国の言葉は「外国語」と言う。 外国の資本は「外資」と言い、自国内にあるが外国資本の割合のほうが高い企業を「外資系企業」と言う。 「外国へ行く」ことは英語では「go abroad」と言い、このように「外国」関連の表現では、「foreign フォーリン」以外に この「abroad アブロード」という副詞も多用する。 なお「外国」というのは、あくまで相対的な用語である。例えば、イタリアから見れば日本が「外国」である。 したがって、ある人がその人から見て「外国」を旅行したり「外国」に滞在している間は、現地の人から見るとその人が「外国人 」になる。