「がいこつ」とは?

言葉 詳細
外骨

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

骸骨

概要 (Wikipediaから引用)

骸骨(がいこつ)とは、脊椎動物の死骸が腐敗し、有機成分が消失した結果、骨格のみが残存している状態。 一般に硬骨魚類などの骨格だけになった死骸は骸骨とは呼ばず、主にヒト、または哺乳類の骨格死体を骸骨と呼ぶ。 ヒトの頭骨の骸骨を、しゃれこうべ(髑髏)と呼ぶ。 乾燥した地域を除き、放置された死体は概ね最終的に骸骨となる、そのため、歴史的に骸骨は死の象徴であり、死神や各種の魑魅魍魎など、骸骨の姿であらわされるものも多い。他に「髑髏と骨」も骸骨をモチーフとしており、恐怖感の演出や死の危険を示す役割を果たしている。日本の骸骨妖怪にはがしゃどくろや骨女、狂骨などがあるが、実際には日本の伝承上に骨の怪異がそれほど多いわけではなく、骨にまつわる妖怪も、中身がともなわずに恐ろしい外見だけで終わるものが多い。 他方で腐乱しつつある死体が嫌悪感しか抱かせないのに対して、有機物が分解しきって乾燥した骨だけになってしまえば不潔感を抱く素材はほとんど無くなってしまう。