「がいしゃ」とは?

言葉 詳細
会社

概要 (Wikipediaから引用)

会社(かいしゃ)は、日本法上、株式会社、合名会社、合資会社、合同会社、特定目的会社および投資法人をいう。法人ではない場合は個人会社と呼ばれる。また、外国法における類似の概念(イギリスにおけるcompanyなど)の訳語としても用いられる。旧字体では會社と書き、これを正式名称としている企業もある。 本稿では、日本法上の会社に加え、それに相当する各国の企業形態についても記述する。 日本 会社の定義 会社法上の会社株式会社、合名会社、合資会社、合同会社の四つが認められている(会社法2条1号)。 従来は、商法第2編で定められていた株式会社、合名会社及び合資会社(さらに昔は株式合資会社も)に加え、昭和13年に制定された有限会社法で有限会社の設立が認められていたが、2005年(平成17年)制定の新会社法で有限会社は株式会社に統合された。

外車

概要 (Wikipediaから引用)

『輸入車 (日本)』より : 日本における輸入車(ゆにゅうしゃ)とは、日本国外で生産され、日本に輸入される自動車である。 日本では、1965年に自動車の輸入が自由化された。以後、年間の新規登録台数は数万台規模で推移していたが、1980年代後半から急激に増加した。1996年、史上最高となる42万7525台でピークを迎えたが、2年後の1998年には27万5869台まで減少した。以後は日本車(国産車)の販売と同様、ゆるやかな減少傾向となっている。2006年の新規登録台数は26万2274台であり、乗用車販売に占める輸入車のシェアは7.9%であった(以上、日本自動車輸入組合統計資料)。 日本は自動車販売台数で世界第3位の規模を持つ巨大市場であるにもかかわらず、第二次世界大戦後、日本で現地生産を行う日本国外の自動車メーカーは僅かしかいない。これは、アメリカ合衆国やEU(欧州連合)の市場との大きな相違である。結果として、日本においては「自国外のメーカー・ブランドの自動車イコール輸入車」という関係がほぼ例外なく成り立っている。

害す

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

がいす

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。