「がいせつ」とは?

言葉 詳細
剴切

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

外切

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

概説

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

外接

概要 (Wikipediaから引用)

外接ハロ(がいせつハロ)は大気光学現象の一つで、太陽の周りに楕円形の暈ができる現象である。内暈が見えている場合には、この楕円形の暈はその外側に接する(外接円 外接する)ように現れるため、外接ハロの名前がある。英語の"Circumscribed halo"の直訳。外接ハロは太陽の地平高度が約30度以上の場合に見られる現象である。太陽高度が大体45度より高い場合は、その形はおおよそ左右方向を長軸とする楕円形で、太陽の上下で内暈に接するように見える。太陽高度が高いほど楕円はより円に近くなる。太陽高度が45度では長軸の角距離はだいたい約60度であるが、太陽高度が60度では約50度まで減少する。短軸の角距離は内暈と同じであるので、太陽高度によらず約44度である。太陽高度が45度よりも低くなると外接ハロは徐々に左下と右下が膨らみ、凹を上下にひっくり返したような形に変わってくる。