「がいせん」とは?

言葉 詳細
街宣

概要 (Wikipediaから引用)

街宣右翼(がいせんうよく)とは、主に街宣車を使って政治的主張を流布する活動をしている日本に存在する右翼の総称。警察用語では「行動右翼」とされ、右翼団体とは一定程度区別して呼称される。一般的に、黒塗りの大型車両に国旗の日章旗や事実上は国章の十六八重菊や政治的スローガンを描き、軍歌などを大音量で流しながら政治的主張を行う右翼団体の総称として認識されている。暴力団傘下にある団体も多数存在し(社会運動標榜ゴロ)、在日韓国・朝鮮人や被差別部落出身者が含まれていることもある。 右翼と街宣活動 警察庁は、昭和35年(1960年)の安保闘争による共産主義革命への危機感を背景に行動右翼団体が誕生したとしている(任侠系の所謂「反共抜刀隊」である)。同庁は、平成11年(1999年)の調査で、街宣活動を行っている右翼は約900団体約1万人とみなしている。『知恵蔵』平成2年(1990年)版には約50団体2万2000人とあるという。ただし、右翼の看板を掲げているだけで実際に活動をしていない暴力団の存在や所在不明な右翼団体、1人で複数の団体を名乗ったり逆に1人で複数の団体に加盟したりで、公安当局が右翼の正確な数字を把握していないとの指摘がある。

外線

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

凱旋

概要 (Wikipediaから引用)

凱旋門賞(がいせんもんしょう、フランス語: Prix de l'Arc de Triomphe)は、フランスのロンシャン競馬場で毎年10月の第1日曜日に開催される競馬の重賞(G1)競走である。距離は芝2400m。ヨーロッパ最大の競走の一つで、国際的に著名なスポーツの催しである。 英語圏等で(Arc)、フランス語圏で(L'Arc)と略されることもある。 1920年に第一次世界大戦後に衰退したフランス競馬再興を掲げて誕生した国際競走である。ヨーロッパのみならず世界中のホースマンが英国ダービーやケンタッキーダービーと並び憧れ、勝利を目標とする世界最高峰の競走の1つとして知られている。 ヨーロッパでの競馬シーズンの終盤に開催され、その年のヨーロッパ各地の活躍馬が一堂に会する中長距離のヨーロッパチャンピオン決定戦とされる。 日本でも近年きわめて知名度や人気の高い競走で、日本国内で最上級の活躍をした競走馬が1960年代後半からしばしば参戦している。 凱旋門賞開催を盛り上げるため凱旋門賞の前日に4つのG2競走が、当日に凱旋門賞をメインに7つのG1競走が施行されており、その週末の2日間は凱旋門賞ウィークエンドと呼ばれている。

がい旋

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

がいせん

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。