「がいとう」とは?

言葉 詳細
外とう

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

街灯

概要 (Wikipediaから引用)

街灯(がいとう)とは、道路等公共用地や共有地などを照らすために設置された明かりのことである。 街灯は、防犯灯、街路灯などを総称した言葉である。街灯の多くは電灯であるが、ガス灯(歴史的にはこちらが電灯より古い)も一部で使われている。街灯と一口にいっても、設置者、用途、目的、電球等の種類などがさまざまである。2000年代後半には維持保守の費用を省くため、また省エネのために光源をLEDにしたものも登場している。 街灯の種類 街路灯 防犯灯 道路照明灯 ガス灯 関連項目 夜景 光害 LED照明 街灯の下で鍵を探す。

街頭

概要 (Wikipediaから引用)

街頭闘争(がいとうとうそう)とは、主に学生運動において、大学構内ではなく、街頭に繰り出す政治運動(いわゆるデモ活動や暴動)を指す。駅前広場を占拠し、ギターで反戦フォークを演奏するなども、これに含む。 通常、デモに先立ち、集会がある。集会の場所は、日比谷野外音楽堂や、清水谷公園が有名。 デモでは、機動隊に規制されるため、逮捕者が出る可能性がある。党派によっては、逮捕者が出たときのために、救援対策委員会を結成している。 街頭闘争終了後は、タクシーを何度となく乗り換え、公安の追尾を振り切らなければならない。公安が、学生運動家を特定したがっているためである。 関連項目 日本の新左翼 デモ活動 暴動。

外套

概要 (Wikipediaから引用)

外套(がいとう)とは防寒などのために着る外衣をいう。英語では overcoat(オーバーコート)という。なお、日本語では「オーバー」または「コート」と略すこともある(もっとも、日本語で「コート」とは外套のみを意味するのではない。コートの他の用法についてはコート参照)。 外套には種々の長さがある。通常、膝丈程度をロングコート、腿丈程度をハーフコート、腰丈程度をショートコートなどという。丈は市中服装にあっては膝丈程度が上品とされる。 外套の着脱について、レストランなどでは埃が他の客の迷惑にならないように男性は入り口で脱ぎ、クロークがあればそこに預けるべきとされる。他人の家屋を訪問した際には日本では屋外で脱ぐことが多いが、欧米では屋内で脱ぐことが多い(ただし、脱いだ場合はそこで長居をする意味になるので、訪問先に促される前に脱ぐと図々しい訪問者とされるので注意)。 外套の種類 フォーマル系 チェスターフィールドコート[1] 礼装用途にも使用される外套。

外灯

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

該当

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。