「がいはんぼし」とは?

言葉 詳細
外反母趾

概要 (Wikipediaから引用)

外反母趾(がいはんぼし、ドイツ語: Hallux valgus)とは、足の親指が小指の方に曲がっていく症状の総称。 指のつけ根にある深横中足靭帯が伸びたり、緩んでしまった上に靴など履物によって締め付けられることで結果、親指が小指側に曲り変形した状態。足に合わない靴を履いている場合になりやすく、女性に多く見られる。特にかかとの高い靴を長時間履いている場合になりやすいと言われている。幅の広すぎる靴を履くことにより足が前に滑り、捨て寸の部分につま先が入り込んで圧迫され、発症するケースもある。症状の進行によって痛みを覚え、歩行や起立のたびに痛みを感じるようになる場合がある。子供や男性にも発生する。同じ要因によって外反母趾とは逆に足の小指が親指の方向に曲がってしまう症状は内反小趾(ないはんしょうし)と呼ばれる。 症状によって以下の4期に分類される。 可逆期(代償期):自分で内側に曲げようと力を入れたり、外から力を加えると、親指の外反が元にもどる状態。 拘縮期(非代償期):関節の炎症等が起こり靭帯などが固まってもとに戻らない状態。