「き」とは?

言葉 詳細

概要 (Wikipediaから引用)

基(き、group、radical)は、その指し示すものは原子の集合体であるが、具体的には複数の異なる概念に対応付けられているため、どの概念を指すものかは文脈に依存して判断される。 分子中に任意の境界を設定すると、原子が相互に共有結合で連結された部分構造を定義することができる。これは、基(または原子団、group)と呼ばれ、個々の原子団は「~基」(「メチル基」など、"- group")と命名される。 さて、問題の「基」という語は、上に述べた原子団を指す場合と、遊離基(またはラジカル、radical)を意味する場合がある。後者の用語法は、日本語でかつて遊離基の個別名称を原子団同様に「~基」(「メチル基」など)としていたことに由来するが、現在ではほとんどの場合「ラジカル」「遊離基」と呼ぶ。原語における経緯についてはラジカル (化学)の項に詳しい。以上、語義の変遷は、おおかた右図のようにまとめられる。 以下この記事では、原子団たる基(group)について述べる。 原子団に言及するときは、観点によって、ただの分子の部分構造の表象以上の文脈的意味を持つ(役割を含意する)複数の下位概念を使い分ける。

概要 (Wikipediaから引用)

『DVD』より : DVD(ディー・ブイ・ディー)は、デジタルデータの記録媒体である第2世代光ディスクの一種である。 DVDの位置付け 媒体の形状や記録・読取方式はCD(コンパクトディスク)とほぼ同じだが記録容量がCDに対してはるかに大きく、通常の12cmで比較するとおよそ6倍になるため、CDでは不可能だった長時間映像の記録ができることが特長である。 開発にあたっては、ハリウッド映画業界からの要求で「現在のメディアを上回る高画質・高音質で、1枚につき片面133分以上の収録時間」を目指すこととされ、1枚あたりの記録容量は当時の技術水準との兼ね合いから、VHSビデオテープ方式と同等の画質で133分の録画が可能となる4.7GB(片面一層の場合)のディスクとして開発された。 従来のビデオテープ(VHSなど)がそうであったように、映像記録の主要メディアに位置づけられており、映画やドキュメンタリー、ドラマなど、様々な映像ソフトが市販されている。

概要 (Wikipediaから引用)

器(うつわ、き) 容器 食器 人の能力や人格の大きさ 器具 - 機械、道具、カテゴリ器具を参照。 器官 - 生物体を構成する単位。

概要 (Wikipediaから引用)

旗(はた)は、布や紙など薄い素材を用いて、主に竿の先端に付けて空中に掲げたものである。竿以外には綱などに付ける場合がある。 旗は、何らかの目印やシンボルとして掲示されるもので、視認性や他と識別されるために意匠が凝らされた布である。風雨によってほつれたりちぎれたりしないよう、多くは補強が施されており、特に綱や竿に結び付ける部分は念入りに補強されている。旗はもっぱら目に付く高いところに掲揚される。 その用途によって様々な機能が付与された旗も多い。国家やコミュニティなどグループの象徴(シンボル)としての旗や、装飾用の旗は美しい色合いを使い、図案や色に意味をもたせるなどの意匠が施されている。通信用や識別用の旗は、他との識別性を重視して、風で多少歪んでいても、見間違えないような共通化されたデザインが施されている。 シンボルとしての意味を持つ旗は、様々な儀式で様々な扱い方がなされる。例えば優勝旗は、一種の記念品として扱われる。また、同じ旗でも扱い方によって込められた意味が違う。例えば半旗は弔意という意思を表明する意味を持ち、国家の象徴である国旗を同列に繋げた万国旗は、世界平和や国際協力を願う意味を持つ。

概要 (Wikipediaから引用)

期間雇用社員(きかんこようしゃいん)とは、日本郵政 日本郵政グループ各社に勤める非正規雇用者の通称。かつて国営事業だった日本郵政公社時代(2007年9月末)まではゆうメイトと呼ばれていた。しかし、郵政グループの社員間や『交流会』などの一部においては未だにゆうメイトと呼称する者も多い。かつて非正規採用職員の雇用は、郵政省時代は主に夏季ならびに年末年始にのみ雇用する場合が多かったのだが、1990年代以降においては正規の職員(現在の正社員)の採用抑制や人員削減などによって非正規採用職員(期間雇用社員)の採用が増えており、近年では通年にわたって勤務する非正規採用職員も多い。身分は国営であった2007年9月末日まで、「非常勤職員の国家公務員」であった(巷の一部(特に高校生や大学生を中心とした若者など)では『なんちゃって公務員』と呼ぶ者もいた)。

概要 (Wikipediaから引用)

季(き) 季節。春夏秋冬。 毎年決まった時期に行うイベントについて、その時期。「今季」「○季連続」など。 最後。 排行としては「末っ子」若しくは「上から4番目」を意味する。 四季の最後の月。旧暦3月、旧暦6月、旧暦9月、旧暦12月。

概要 (Wikipediaから引用)

機 はた 織機 き 機械・機器・からくり。 航空機の略。戦闘機・爆撃機など。 機関銃の略。軽機など。 きっかけ。

概要 (Wikipediaから引用)

『ウイルス』より : ウイルス(ラテン語: virus)は、他の生物の細胞を利用して、自己を複製させることのできる微小な構造体で、タンパク質の殻とその内部に入っている核酸からなる。生命の最小単位である細胞をもたないので、非生物とされることもある。 「ウイルス」は、「毒液」または「粘液」を意味するラテン語 virus に由来して命名された。古代ギリシアのヒポクラテスは病気を引き起こす毒という意味でこの言葉を用いている。 日本語名 ヨーロッパの主な言語での発音を以下に列挙する。 以上のような発音をもとに、多様な日本語表記が使用された。 1953年(昭和28年)に日本ウイルス学会が設立されたのを機に、「ウイルス」という表記が日本語の正式名称として採用された。その後、日本医学会がドイツ語発音に由来する「ビールス」を用いたため混乱があったものの、現在は宿主に関わらず「ウイルス」が正式名称である。 ウイルスは細胞を構成単位としないが、遺伝子を有し、他の生物の細胞を利用して増殖できるという、生物の特徴を持っている。

概要 (Wikipediaから引用)

『連隊』より : 騎兵連隊(きへいれんたい)は、騎兵を主とする連隊。機動打撃を行う戦略騎兵として編成されたものと、主に偵察部隊として歩兵師団内に編成されたものとがある。国によっては軽騎兵や槍騎兵などの騎兵の区分に応じた騎兵連隊を編成していた例もある。歩兵連隊と異なって、大隊結節を持たずに中隊から構成されていることがしばしばある。 第一次世界大戦以降は、騎兵が機械化されていくのに合わせて、騎兵連隊の名称を持ちながらも戦車連隊や自動車化歩兵連隊の実質を有する例も見られた。第二次世界大戦後は廃止が進み、騎兵連隊の名を残している国はアメリカやイギリス、フランスなど余り多くは無く、またこれらはあくまで伝統的な理由で「騎兵」を冠しているにすぎない。 大日本帝国陸軍 1888年(明治21年)、大日本帝国陸軍が鎮台から師団に組織変更をした際、騎兵の兵力は1個師団あたり1個騎兵大隊というものであり、この時点では騎兵連隊は存在しなかった。

概要 (Wikipediaから引用)

き、キは、日本語の音節のひとつであり、仮名のひとつである。1モーラを形成する。五十音図において第2行第2段(か行い段)に位置する。清音の他、濁音(ぎ、ギ)を持つ。また、話し手によっては、文節のはじめ以外で、子音が鼻音化した鼻濁音を用いる。鼻濁音は濁音と意味上の差異はない。 現代標準語の音韻: 1子音と1母音「い」から成る音。子音は、次の通り。 清音 「き」: 舌の後部を口蓋の奥の部分(軟口蓋、またはやや前の硬口蓋寄り)に押しあて一旦閉鎖した上で破裂させることで発する。無声。母音が無声化したときの実際音は破擦音 [kç] となる。 濁音 「ぎ」: 舌の後部を口蓋の奥の部分(軟口蓋)に押しあて一旦閉鎖した上で破裂させることで発する。有声。 鼻濁音 「き゚」: 鼻に音を抜きながら、舌の後部を口蓋の奥の部分(軟口蓋)に押しあて一旦閉鎖した上で破裂させることで発する。有声。 ただし、実際の発音は、か行の他の音に比べて舌を前の方まで大きく付けており、調音点は硬口蓋に近い軟口蓋になる。

概要 (Wikipediaから引用)

木(き、英: tree, woody plant, arbor)とは、 植物の一種を指すための用語。樹、樹木(じゅもく)とも言う。木本(もくほん、植物学用語)とも。 用材や材木のこと。 「き」「木」や「tree」というのは古代から用いられてきた呼称・概念である。 現代では、「木」は高木と低木の総称であるとも、木は大きさによって高木(喬木 きょうぼく)と低木(灌木 かんぼく)に区別する、とも。 「木・樹」と言って、たちき(立木)を指していることもある。また「木・樹」と言って、特に高木を指す場合もある。 現代の植物学では(素朴な言葉として用いられている「木」という語を避け、学術的な用語を用いる場合)「木本植物」という用語で呼んでおり、これは「草(草本植物)」と対比する語である。 硬い幹をもち、幾本もの枝があり、地面に根を張り、生長する。幹は木質化し、次第に太く成長する。枝の先には葉と芽を付け、花を咲かせ、主に種子をもって繁殖する。 高さは、高いものではたとえばオーストラリアのユーカリの一種や北米のセコイアオスギのように130mほどに達するものがあり、小さいものではフッキソウやヤブコウジのような例がある。

概要 (Wikipediaから引用)

己(き、つちのと)は、十干の6番目である。陰陽五行説では土性の陰に割り当てられており、ここから日本では「つちのと」(土の弟)ともいう。 己の字は三本の平行線を形取ったもので、そこから、条理が整然としている状態という意味となる。十干では、植物が充分生長し形が整然としている状態として、6番目に宛てられた。 十干を順位づけに使った場合には、己は6番目の意味となるが、己まで使われることはほとんどない。 西暦年の下一桁が9の年が己の年となる。 中国語の化合物命名法では、ヘキサン、ヘキシル基など、炭素を6つ含む化合物や官能基に付けられる。 なお、字形の似ている已(い、すで)や巳(し、み)とは、意味も字源も異なる別の字である。これを、「こきの声、おのれつちのと下につき、いすでは半ば、しみは皆つく」と覚えた。 己を含む干支 己巳 己卯 己丑 己亥 己酉 己未。

概要 (Wikipediaから引用)

気(き,KI,Qi)とは、中国思想や道教や中医学(漢方医学)などの用語の一つ。一般的に気は不可視であり、流動的で運動し、作用をおこすとされている。しかし、気は凝固して可視的な物質となり、万物を構成する要素と定義する解釈もある。宇宙生成論や存在論でも論じられた。 字解・語源 正字は「氣」(異体字「炁」)。日本での通用の字体「気」は漢字制限(当用漢字、常用漢字、教育漢字)による略字。現代簡体字中国語では「气」が通用される。 説文解字では「氣」は「饋客芻米也、從米气聲。」とし、段玉裁注では「气氣古今字。自以氣爲雲气字、乃又作餼爲廩氣字矣。气本雲气、引伸爲凡气之偁。」という。雲気の意であった气が本字で、芻米の意の「氣」が音通でつかわれるようになった、その他の意味は雲気の意味からの派生であるというのである。 また、同様に説文では「气」は「雲气也、象形。」とある。しかし、雲気の意義から気息の意義が引き出されるというのはやや解しがたい。また「氣」は「愾」であり、「氣息」の義であるという古字書もあるため、少なくとも気息の意義も本来の意義であったとみなすべきであると思われる。

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

概要 (Wikipediaから引用)

『能』より : 能(のう)は鎌倉時代後期から室町時代初期に完成を見た日本独自の舞台芸術の一種。現在では日本における代表的な伝統芸能として遇され、歌舞伎に並んで国際的に高い知名度を誇る。世界無形遺産。重要無形文化財。能楽と呼ぶ場合には、式三番、能、狂言(本狂言)の三種を総称する。いずれも能役者もしくは能楽師、狂言師によって演じられる伝統的な演劇であるが、戯曲、演劇技法、出演者の区分等においてこまかな区別がある。能という語は広義に用いる場合は能楽と同義であり、狭義に用いる場合には式三番および能を指す。歴史的には中世以来長らく猿楽、申楽、猿(申)楽の能などの名称をもってせられたが、明治期に「能楽」と改められ、現在ではこれが一般的である。

概要 (Wikipediaから引用)

『SCHOOL OF LOCK!』より : SCHOOL OF LOCK! (スクール・オブ・ロック!) とは、2005年10月3日よりTOKYO FMをキー局にJFN38局で全国放送されているラジオ番組である。略称は「SOL! (エスオーエル)」。 概要・特徴 高等学校を主にモチーフにした番組である。メインパーソナリティを「校長」・「教頭」、番組ゲストやARTIST LOCKS!担当のミュージシャン・アーティストを「**先生」、番組スタッフを「職員」、及び「**先生」と呼んでいる。 リスナーを「生徒」と呼んでいる。 番組のメインターゲットは中学生から高校生であるが、それらに該当しないリスナーも歓迎している。 22:00の時報の後、番組開始の合図として、ASIAN KUNG-FU GENERATIONの喜多建介氏のギターによるチャイム音(ギターチャイム)が流れる。 番組冒頭と終盤に、「黒板」が登場する。 ギターチャイムの後に、校長がその日の授業テーマなどを書く。 番組終盤では校長(稀に教頭、ゲスト来校時にはゲスト)がその日の感想などを書く。

概要 (Wikipediaから引用)

『黄色』より : 黄(き、こう、おう) 色の一つ。黄色を参照。 部首の一つ。黄部を参照。 黄 (姓) - 漢姓の一つ。日本語読みは「こう」。普通話では Huáng (ホワン)。 黄 (朝鮮人の姓) - 朝鮮語では、ハングル表記は황、カナ転記はファン。 関連項目 黄で始まる記事の一覧。

概要 (Wikipediaから引用)

癸(き、みずのと)は、十干の10番目である。陰陽五行説では水性の陰に割り当てられており、ここから日本では「みずのと」(水の弟)ともいう。 癸の字は「揆」(はかる)につながり、植物の内部にできた種子が大きさを測れるまで大きくなった状態として、10番目に宛てられた。 西暦年の下一桁が3の年が癸の年となる。 中国語の化合物命名法では、デカン、デシル基など、炭素を10含む化合物や官能基の名に付けられる。 癸を含む干支 癸酉 癸未 癸巳 癸卯 癸丑 癸亥。

来る

概要 (Wikipediaから引用)

『来るべき世界』(きたるべきせかい)は手塚治虫のSF漫画。1951年、大阪の不二書房より上下2巻の作品として刊行された、単行本書き下ろし作品(このときの版では上巻には「前編」、下巻には「宇宙大暗黒編」という副題があった)。『ロストワールド (漫画) ロストワールド』『メトロポリス (漫画) メトロポリス』と並んで、手塚治虫の「初期SF3部作」と呼ばれる作品の一つである。当時の東西冷戦を背景に、人類の存亡をめぐる大河ドラマを展開する長編作品であった。「3部作」の他の2作と比較した場合、本作は分量の点では最長であり、多くの立場の異なるキャラクターを同時並行で描く群衆劇と呼べる作品となっている点が大きな特徴である。また、人類を越える「超人類」と呼べる登場人物により人類を相対化するという手法は、その後『0マン』など複数の手塚作品でも用いられることになる。

きる

概要 (Wikipediaから引用)

『きると』 (QUILT) は、2005年12月16日にオービットのCLOVERブランドより発売された18禁恋愛アドベンチャーゲームである。各ヒロインに、グランドエンドとグッドエンド(ノーマルエンド)の2種類が用意されている。 2007年5月31日には、PlayStation 2版『きると 〜貴方と紡ぐ恋と夢のドレス〜』(きると あなたとつむぐこいとゆめのドレス)がNine's foxより発売された。 ストーリー 現実にひとかけらの魔法が混じった小さな島「リプル島」。主人公のデザイナーの卵。この不思議な島で行われている服のコンテストを受けるため、タクミはやって来た。 登場キャラクター 声優はPC版/PS2版(1人だけの場合はPS2版)で表記。 主人公 フジカワ タクミ 声:無し 主人公。仕立屋カテドラルの見習いを卒業してコンテストを受ける為にリプル島にやって来た。 ヒロイン アイリ 声:赤白杏奈/麻見順子 タクミと同じアパートの住人。

切る

概要 (Wikipediaから引用)

『切る (調理)』より : 切る(きる) 調理法 切る (調理) 切る (中華料理) 切る (フランス料理) その他 十字を切る - キリスト教 仁義を切る - 挨拶 関連項目 CUT - 曖昧さ回避 カット - 「切る」を意味する英単語から派生した諸表現 切(きり)- 歌舞伎で一幕の最後の場面。

斬る

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

概要 (Wikipediaから引用)

く、クは、日本語の音節のひとつであり、仮名のひとつである。1モーラを形成する。五十音図において第2行第3段(か行う段)に位置する。清音の他、濁音(ぐ、グ)を持つ。また、話し手によっては、文節のはじめ以外で、子音が鼻音化した鼻濁音を用いる。鼻濁音は濁音と意味上の差異はない。 現代標準語の音韻: 1子音と1母音「う」から成る音。子音は、次の通り。 清音 「く」: 舌の後部を口蓋の奥の部分(軟口蓋)に押しあて一旦閉鎖した上で破裂させることで発する。無声。 濁音 「ぐ」: 舌の後部を口蓋の奥の部分(軟口蓋)に押しあて一旦閉鎖した上で破裂させることで発する。有声。 鼻濁音 「く゚」: 鼻に音を抜きながら、舌の後部を口蓋の奥の部分(軟口蓋)に押しあて一旦閉鎖した上で破裂させることで発する。有声。 五十音順: 第8位。 いろは順: 第28位。「お」の次。「や」の前。 平仮名「く」の字形: 「久」の草体 片仮名「ク」の字形: 「久」の部分 (最初の2画。『広辞苑』第六版より) ローマ字 く: ku ぐ: gu 点字: 40px 通話表: 「クラブのク」 モールス信号: ・・・- 手旗信号:1150px 発音:Japanese ku.ogg く く に関わる諸事項 合拗音の/kwa/, /gwa/は、「く」、「ぐ」に「わ」を後続させて表記する。

着る

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

くる

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

伐る

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

概要 (Wikipediaから引用)

『和歌山電鐵貴志川線』より : 貴志川線(きしがわせん)は、和歌山県和歌山市の和歌山駅から和歌山県紀の川市の貴志駅までを結ぶ和歌山電鐵の鉄道路線である。通称は「わかやま電鉄貴志川線」。 和歌山市の東郊に延びる鉄道路線で、2006年4月1日に和歌山電鐵が南海電気鉄道から継承した(経緯は後述)。 路線データ 路線距離(営業キロ):14.3km 軌間:1067mm 駅数:14駅(起終点駅含む。有人駅は和歌山駅・伊太祈曽駅) 複線区間:なし(全線単線) 電化区間:全線電化(直流1500V) 閉塞方式:自動閉塞式 交換可能駅:3か所(日前宮駅、岡崎前駅、伊太祈曽駅) 最高速度:60km/h 運行形態 すべて普通列車で全線直通は終日1時間あたり1 - 2本。これに朝ラッシュ時と12時台、および15時台以降に伊太祈曽駅折り返しの列車が加わり、和歌山駅 - 伊太祈曽駅間はこれらの時間帯では3 - 4本になる。全列車でワンマン運転を行っている。 南海電気鉄道から引き継いで使用されている2270系電車のリニューアルデザインが、和歌山電鐵の親会社である岡山電気軌道の9200形電車 (MOMO) などをデザインした水戸岡鋭治によって行われており、2006年8月6日からは「いちご電車」、2007年7月29日からは「おもちゃ電車」、2009年3月21日からは「たま電車」が運行されている。

概要 (Wikipediaから引用)

『帰ってきたウルトラマン』(かえってきたウルトラマン)は、1971年(昭和46年)4月2日から1972年(昭和47年)3月31日にTBS系で、毎週金曜19:00 - 19:30に全51話が放送された特撮テレビ番組。 怪獣と戦う防衛チーム・MAT(マット)や、巨大ヒーロー・ウルトラマンの活躍を描く。 なお、本作の主役であるウルトラマンは、後年ウルトラマンジャックという正式名称が設定されたが(詳細は後述)、本項では放送当時の名称に基づき、基本的に本作の主役ウルトラマン(ジャック)を「ウルトラマン」と表記し、前々作の主役ウルトラマンは「初代ウルトラマン(初代マン)」と表記することで区別をつける。 誕生までの経緯 本作が製作された背景には、1970年に再放送された前3作品が高視聴率を得たこと、フジテレビ出版(後に株式会社 万創へ継承)の「飛び出す絵本」をはじめとした関連書籍、ブルマァクのソフビ人形などの関連商品が好調だったことや、『ウルトラファイト』(1970年)の好反響などがあった。