「きあつ」とは?

言葉 詳細
気圧

概要 (Wikipediaから引用)

気圧(きあつ、英語: air pressure)とは、気体の圧力のことである。単に「気圧」という場合は、大気圧(たいきあつ、英語: atmospheric pressure、大気の圧力)のことを指す場合が多い。 気体の圧力 気体の圧力は、温度や体積の影響を受ける。例えば、気体を一定の体積のまま(容器に閉じ込めた状態に相当する)加熱すると、気圧は温度とほぼ比例して上昇する。このような、気圧と体積、温度についての関係は、ボイルの法則、シャルルの法則、ボイル=シャルルの法則などにより示されている。 気体の圧力は、混合気体の場合、構成している気体のそれぞれの圧力(分圧)の合計となる。 大気圧 空気も物質であるため、質量があり、地球をおおっている大気の層によって、海面では、面積1cm2あたり約1kgf(水銀柱で約76cm、水の場合約10mに相当)の圧力がかかる。これを大気圧または単に気圧という。高所ほど、その上方にある空気柱の高さが低くなるので、気圧は低くなる。海面での大気圧を 1 とする圧力の単位としても用いられる。

汽圧

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。