「きい」とは?

言葉 詳細
奇異

概要 (Wikipediaから引用)

『奇異太郎少年の妖怪絵日記』(きいたろうしょうねんのようかいえにっき)は、影山理一による日本の漫画作品。ウェブ連載を中心としていた影山理一の商業出版デビュー作。 2016年4月にテレビアニメ化が発表されている。 自称「霊感美少年」奇異太郎が、とある事情で実家の離れに追放されたことから妖怪達と知り合い、騒々しくものんびりとした日々を送っていく。1話ごとにメインの妖怪を据え、その妖怪を紹介するような形で進行する1話完結型の作品。この本編の他にメインキャラや物語を深める閑話があり、本編5話に閑話1話を1つの章として進行する。元々、携帯電話での閲覧専用として作者が模索した「携帯で読むための漫画」のため、原則コマ割りのない1ページに1つの絵で、吹き出しを廃した独特の形態を取っている。作者のサイト「モルモル亭」で連載されていた『奇異太郎君の霊的な日常』の続編に当たるが、時系列としては前の話となる。「マンガごっちゃ」のみ、他の掲載サイトより2話先行して公開されている。 あらすじ 家の蔵に忍び込み、悪戯を働いた少年奇異太郎は、罰として本宅から離れに追放される。

紀井

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

紀伊

概要 (Wikipediaから引用)

『紀伊国』より : 紀伊国(きいのくに)は、かつて日本の地方行政区分だった令制国の一つ。南海道に属する。 「紀伊」の名称と由来 7世紀に成立した当初は、木国(現代の標準語・共通語表記:きのくに)であった。名称の由来として、雨が多く森林が生い茂っている様相から「木国」と命名された、という説がある。また、今の和歌山県北部が、有力豪族である紀氏が支配していた地域であるから「紀の国」というようになった、という説もある。実際に、律令制以前の紀伊国は紀伊国造の領土のみであり、熊野国造の領土(牟婁郡)を含まなかった。 和銅6年(713年)に「雅字(良い文字の意)二文字で国名を表すように」との勅令が出された時、紀伊国と表記するようになった。現代の近畿方言では「木」(きい)、「目」(めえ)、「手」(てえ)のように、標準語・共通語における1拍語を母音を変化させて2拍語にする例が見られるが、木国も同様、もともと当地の発音で「きいのくに」だったため当て字して「紀伊国」とした、とする説がある。

キイ

概要 (Wikipediaから引用)

『音孔』より : 音孔(おとあな、おんこう)は、音の高さを変えるために管楽器(気鳴楽器)の管の側面に穿たれた孔。トーンホール、指穴(ゆびあな)とも呼ぶ。もともとは「笛」に分類される原始的な小型木管楽器の側面に開けられた、指で押さえる(ふさぐ)穴のことで、「指孔」「手孔(しゅこう)」とも呼ばれる。和楽器や民族楽器に分類される単純な笛では、現在でも「指穴」の呼称が一般的である。 現在の西洋音楽の楽器では木管楽器に見られるが、歴史的には現在の金管楽器にあたるリップリードの楽器にも音孔がもうけられていたことがある(ツィンク、セルパン、オフィクレイドなど)。 音孔は、穴を開け閉めすることによって音高を変化させ、楽曲を演奏することが出来るようにする。篠笛のように指で直接塞ぐこともあれば、ベーム式フルートのように機械式のふた(「キー装置」)を指で操作して塞ぐこともある。 一般に近代以降の西洋音楽では半音階や転調に対応できるように木管楽器の機械化がすすめられた。現代の西洋式木管楽器では、数多い穴のほとんどがキー機構で操作され、もはや指で直接押さえる穴のほうが珍しくなっているほどである。

きい

概要 (Wikipediaから引用)

『』より :

忌い

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

忌諱

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

貴意

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

効く

概要 (Wikipediaから引用)

J SPORTS WOMAN 効くコレ!はJ SPORTSが放送される女性のためのプロジェクト。2005年10月3日に放送がスタートした効くコレ!ヨガとピラーティス、2006年10月からJ SPORTS ESPNで放送が開始されたおはよう!かんどり体操の3種類で構成される。2005年10月3日から放送されている効くコレ!ヨガは日中欧で活躍中のモデル長澤壮太郎とヨガインストラクターのMAIが出演しているプラクティスのテレビレッスン番組。初回放送はJ SPORTS 2で毎月第1週目の月曜日から木曜までの午後2時から。ただし、1月から3月まで初回放送は休止となる。また、韓流ヨガも2005年12月初回放送分でも紹介した。2006年9月8日にはこれまでの効くコレ!ヨガDVD全5巻が発売された。ピラーティスはバレエダンサーの今野ゆりが監修した全12回構成の番組。基本的に毎週金曜日の効くコレ!ヨガと同じ時間に放送されている。主にバレエエクササイズを中心に構成されている。

聞く

概要 (Wikipediaから引用)

聴覚(ちょうかく、英:Auditory sense)とは、一定範囲の周波数の音波を感じて生じる感覚のこと。 外耳、中耳、内耳、聴神経(バスドラム)、聴覚皮質などの器官を使い、音の信号を神経活動情報に変換し、音の強さ、音高、音色、音源の方向、リズム、言語などを認識する能力、機能を指す。いわゆる五感の一つである。 なお、この感覚が生じることを「聞く(きく)」といい、聴覚を用いつつ(耳だけでなく)心も充分に用いることを「聴く」と言う。特に、積極的な姿勢でこの感覚を用いつつ深い認識をしようとすることは「傾聴する」という。 可聴域 ヒトでは通常、下は20Hz程度から、上は(個人差があるが)15,000Hzないし20,000Hz程度までの鼓膜振動を音として感じることができ、この周波数帯域を可聴域という。可聴域を超えた周波数の音は超音波という。これら可聴域20Hzから20,000Hz以外の音は長らく聞こえないのが定説として多くの教科書等にも記載されてきたが、近年骨伝導で可聴域外の音に反応する例が個人差があるものの確認され可聴域外の研究が進められている。

利く

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

訊く

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

きく

概要 (Wikipediaから引用)

キク - キク科の植物 きく (人工衛星) - 技術試験衛星

聴く

概要 (Wikipediaから引用)

「聴く日経」(きくにっけい)とは、2006年4月3日に開始された、日本経済新聞朝刊最終版の主要記事を読み上げる音声番組。日経ラジオ社 ラジオNIKKEIが制作し、ポッドキャストおよびラジオ番組として放送されていたが、2009年4月1日からポッドキャスト「有料課金コンテンツ番組」として放送を継続する。それに伴いラジオNIKKEI 第1放送・ライブストリーミング・オンデマンド再生及び携帯電話・PHS向けストリーミングの放送は終了となった。 ポッドキャスティング(有料配信コンテンツ):月曜日~金曜日の6時30分頃更新、約20分:土日祝日および新聞休刊日は休み ラジオ放送:ラジオNIKKEI 第1放送/ライブストリーミング(同局ホームページから)・総合版…月-金曜 06:00-07:30(06:00-06:30が生放送、それ以降は同内容を再放送)(~2009年3月31日)