「きいさんち」とは?

言葉 詳細
紀伊山地

概要 (Wikipediaから引用)

紀伊山地の霊場と参詣道(きいさんちのれいじょうとさんけいみち)は、和歌山県・奈良県・三重県にまたがる3つの霊場(吉野・大峰、熊野三山、高野山)と参詣道(熊野参詣道、大峯奥駈道、高野山町石道)を登録対象とする世界遺産(文化遺産)。2004年7月7日に登録された。 世界遺産として登録された「道」の先例であるサンティアゴ・デ・コンポステーラの巡礼路のあるスペインガリシア州と和歌山県とは両古道の姉妹道提携を締結している。 遺産の種別 文化遺産 記念工作物 遺跡(文化的景観) 登録基準 この世界遺産は世界遺産登録基準における以下の基準を満たしたと見なされ、登録がなされた(以下の基準は世界遺産センター公表の登録基準からの翻訳、引用である)。 (2) ある期間を通じてまたはある文化圏において、建築、技術、記念碑的芸術、都市計画、景観デザインの発展に関し、人類の価値の重要な交流を示すもの。 (3) 現存するまたは消滅した文化的伝統または文明の、唯一のまたは少なくとも稀な証拠。