「きいたなべ」とは?

言葉 詳細
紀伊田辺

概要 (Wikipediaから引用)

紀伊田辺駅(きいたなべえき)は、和歌山県田辺市湊塔ノ内にある、西日本旅客鉄道(JR西日本)紀勢本線(きのくに線)の駅。 田辺市の代表駅で、特急「くろしお」を含むすべての定期列車が停車する。阪和線から直通してくる普通列車は、当駅が終点であり、線内の普通列車で当駅を越えて運転されるのは、朝の周参見発和歌山行き1本のみである。また、亀山駅から当駅までは単線だが、当駅から和歌山駅までは複線となる。 かつては紀伊田辺機関区が併設されており、D51形・D60形・C57形・C58形などの蒸気機関車、入換用に、8620形・C50形なども配置されていた。扇形車庫などもあり、和歌山機関区・新宮機関区・亀山機関区と並ぶ紀勢本線の重要な車両基地であった。現在も紀伊田辺運転区・紀伊田辺保線区・田辺電気区が設置され、紀南エリアの拠点であると同時に、紀勢本線運行上の要衝としての役割を果たしている。 1932年11月、紀勢西線の南部駅から当駅までの開通に伴い紀勢西線の終着駅として開業したのち、1933年12月には紀勢西線が当駅から紀伊富田駅まで延伸となったことにより中間駅となった。