「きいながしま」とは?

言葉 詳細
紀伊長島

概要 (Wikipediaから引用)

紀伊長島駅(きいながしまえき)は、三重県北牟婁郡紀北町紀伊長島区東長島にある、東海旅客鉄道(JR東海)紀勢本線の駅である。 東紀州の玄関口に位置しており、全列車が停車する。 1930年(昭和5年)4月29日 - 国有鉄道紀勢東線の大内山駅から当駅までの延伸に伴い開業。 1932年(昭和7年)4月26日 - 紀勢東線が当駅から三野瀬駅まで延伸。 1959年(昭和34年)7月15日 - 線路名称改定。紀勢東線が紀勢本線の一部となり、当駅もその所属となる。 1984年(昭和59年)2月1日 - 新宮運転区紀伊長島支区廃止に伴い、運転士が紀伊長島駅所属となる。 1987年(昭和62年)4月1日 - 国鉄分割民営化により東海旅客鉄道(JR東海)に承継。 駅構造 単式ホーム1面1線と島式ホーム1面2線、計2面3線を有し単式ホーム側に駅舎がある地上駅である。側線が数本敷設されており、周辺と比較すると駅の規模は大きい。互いのホームは跨線橋で連絡している。 駅舎は開業時につくられた木造のものを改装しながら使っている。