「きいゆら」とは?

言葉 詳細
紀伊由良

概要 (Wikipediaから引用)

紀伊由良駅(きいゆらえき)は、和歌山県日高郡由良町大字里にある、西日本旅客鉄道(JR西日本)紀勢本線(きのくに線)の駅である。 由良町の代表駅だが中心部とは1km余り離れている。かつては由良内までの貨物支線が当駅から分岐していた。また、通常は普通・快速列車しか停車しないが、1985年9月の興国寺の法灯国師700年遠忌期間中と1989年夏には一部の特急が停車したことがある。 当駅は1928年、国鉄紀勢西線の紀伊湯浅駅(現在の湯浅駅)から当駅までの開通と共に国鉄紀勢西線の終着駅として開業した。この日には同時に当駅から由良内駅までの貨物支線も開業したが、翌年の1929年4月には紀勢西線は当駅から御坊駅まで延伸となり、当駅は終着駅ではなくなった。 由良内駅には港湾や配炭所が置かれ、近隣の各機関区へ蒸気機関車用の石炭を配送する拠点となっていた。また、1953年の紀勢本線の部分不通時には海路での迂回策が取られ、臨時に客扱いを行ったこともあった。のちに配炭所は桜島駅に統合されて廃止された。 沿革 1928年(昭和3年)10月28日 - 開業する。