「きいろく」とは?

言葉 詳細
きいろい

概要 (Wikipediaから引用)

『きいろいゾウ』は、西加奈子による日本の小説、およびそれを原作とする絵本、日本映画。 小説は、2006年に発売された西の3作目の小説作品で、アルバイトをしながら執筆活動をした最後の作品。小説のエピソードを元に、作者自らが描いた初絵本作品としても出版。2013年には著作として初の映画化された。 ストーリー 都会から九州の田舎に引っ越してきた、売れない小説家で介護施設職員の無辜歩(むこ あゆむ、通称・ムコ)と、動物や虫などの声が聞こえる感受性の強い妻利愛子(つまり あいこ、通称・ツマ)。田舎で近所の一風変わった人たちと付き合いつつも穏やかに過す日々。しかし、ある日ムコに手紙が届き、彼はその背中の鳥の刺青に纏わる、ある出来事に向き合うため東京へ向かう。 書籍 小説 小学館文庫 2006年2月28日発行 ISBN 4093861625 リニューアル版 2008年8月6日発行 ISBN 9784094082517 絵本 2006年7月25日発行 ISBN 4097262033 映画 2013年2月2日公開、宮崎あおいと向井理が初共演。

黄色い

概要 (Wikipediaから引用)

『売血』より : 売血(ばいけつ)とは、自らの血液を有償で採血させる行為のこと。日本では1950年代から1960年代半ばまで輸血用血液の大部分を民間血液銀行が供給していたが、その原料は売血で賄われていた。 日本での売血 民間商業血液銀行 日本赤十字社が血液銀行(現・赤十字血液センター)を設立した1952年前後、四国を除く日本各地に設立された。日本赤十字社が血液の無償提供を呼びかける一方、商業血液銀行では買い取るため、無償供血者数は激減した。 = 主な民間商業血液銀行 = 広島血液銀行(→ジェイ・エム・エス) 日本ブラッドバンク(→ミドリ十字) ニチヤク血液銀行(日本製薬) 富士臓器製薬(→みらかホールディングス) 福岡血液銀行(→アステム) 富士血液銀行(→やまひろクラヤ三星堂) 日本中部ブラッドバンク(→日中物産) 相互ブラッド・バンク(→ビー・エム・エル) 化血研血液銀行(化学及血清療法研究所) 預血制度 あらかじめ健康な時に血液を預けておき、本人や家族などに輸血が必要となったときに払い戻しを受ける方法。

黄いろい

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。