「きえ」とは?

言葉 詳細
貴恵

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

気恵

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

基恵

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

紀恵

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

きえ

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

き江

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

貴絵

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

喜恵

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

キエ

概要 (Wikipediaから引用)

キエフ(ウクライナ語: Київ [ˈkɪjiw] (13px 聞く) キーイウ)は、ウクライナの首都。ドニプロ川の中流に位置する。同国最大の都市で、政治・経済・社会・学術・交通の中心地である。特別自治都市。5世紀後半に建設されたポリャーネ族の集落から発展した。中世にはキエフ・ルーシの都であったが、近世にはコサックのキエフ連隊の中心となった。20世紀中にウクライナ人民共和国、ウクライナ国とウクライナ・ソビエト社会主義共和国の首都であり続けた。キエフ市内の人口はおよそ279万人であるが、キエフ首都圏の人口はおよそ400万人となっている。東ヨーロッパにおける最古の都市で、キリスト教の聖地の一つである。都内にある聖ソフィア大聖堂とキエフ洞窟大修道院は世界遺産に登録されている。 キエフという名称は「キーイの都市」を意味し、キエフを創建した伝説の公爵キーイの名前に由来する。キエフは他国の支配を受けた歴史があるため、文献によってその名称が異なっている。 ウクライナ語:Київで、発音は[ˈkɪjiw](ケィーイィウ)に近い。

きえる

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

消える

概要 (Wikipediaから引用)

『巨人の星』より : 魔球(まきゅう)は、主に日本において野球などの球技における変化球を表現する言葉である。また、比喩として掴みどころのないことや、必殺の武器のことを指すこともある。 「魔球」という言葉は時代によって、言葉の含む意味に違いがある。「変化球」という言葉が無かった時代には単に変化球を表す日本語として使われていたが、20世紀中頃に「変化球」という言葉が定着すると、特に優れた変化球などを指す表現として使われるようになった。同じ頃から野球漫画においても「魔球」という表現が使われ始める。漫画などの創作においては作品によって異なるが、フィクション性の強い作品では現実離れした荒唐無稽な変化球が描かれることも多く、それらを「魔球」と呼び、必殺技のような意味合いで使われたりもする。 現実の野球での「魔球」 魔球の語源 カーブを始めとする変化球を指す単語として「魔球」という言葉が最初に使われ始めたのは明治時代であるが、以下最初に使われた場面として2例を挙げる。

帰依

概要 (Wikipediaから引用)

帰依(きえ、巴: saraṇāgamana)とは、仏教用語において、拠り所にするという意味。「三宝」に「帰依」、つまり仏教徒になるという意味で最も多く使われる。 概略 一般的に、仏教に帰依をする際には「三帰五戒」(さんきごかい)とよばれる戒律と、可能であれば更に「八斎戒」を授かることになる。そして、三宝に礼拝し深く帰依をするとともに、宗教的には仏教以外の教えを信じることをやめ、「五戒」を守ることを誓ってはじめて正式な仏教徒となるのである。 サンスクリットの「śaraṇa शरण」パーリの「saraṇa」は、保護所・避難所という意味である。いわゆる中国語には「依帰」という言葉が『書経 』に出てくるが、この場合は「頼りにする」という程度の意味である。 大乗仏教の一部の宗派では、帰依とは勝れたものに対して自己の身心を帰投して「依伏信奉」することをいう。自帰依、法帰依(自洲自依、法洲法依)(巴: attadīpo attasaraṇo dhammadīpo dhammasaraṇo)という場合の「自帰依」(自灯明)は、四念処の実践を意味する。