「きぬ」とは?

言葉 詳細
きぬ

概要 (Wikipediaから引用)

きぬ 絹 きぬ - 岩手県・宮城県で主に活動しているローカルタレント、パーソナリティ・リポーター・モデル。 - きぬ (タレント)を参照。 きぬ - 浅草 - 鬼怒川温泉、鬼怒川公園、新藤原間の東武鉄道の特急列車→けごん (列車)を参照。 おキヌ - 漫画「GS美神 極楽大作戦!!」に登場する幽霊 関連項目 鬼怒 (曖昧さ回避)。

キヌ

概要 (Wikipediaから引用)

キヌア(西: Quínua、学名:Chenopodium quinoa)キノア (Quinoa) はヒユ科アカザ亜科アカザ属の植物で。アカザやホウレンソウは近縁である。南米アンデス山脈の高地アルティプラーノにおいて、数千年前より食用に栽培されている擬似穀物(英: Pseudocereal)であり、トウジンビエ、シコクビエ、キビ(黍)、アワ(粟)、ヒエ(稗)などと同様に、雑穀に分類される。国際連合食糧農業機関(FAO)によると、2013年の年間生産量は世界全体で約10万トンで、ミレット(millet:トウジンビエ、シコクビエ、キビ、アワ、ヒエなど)の2986万トンの約300分の1でしかなく、生産国もペルー、ボリビア周辺に限られている。 植生・生産 キヌアの穂は品種により、赤、黄、紫、白など様々な色を呈し、直径約2mmの種子を一つの房に250-500個程度つける。脱穀した種子は白く扁平な円形をしており食料となる。冷涼少雨な気候でもよく育 ち、逆に水はけの悪い土地では種子の収量は大きく減る。 キヌアの草丈は1-2メートルと高く分枝は少ない。

鬼怒

概要 (Wikipediaから引用)

『スペーシア』より : スペーシア(SPACIA) 東武鉄道が保有する特急用100系電車の愛称。もしくは、当該車両を用いて運行する列車の愛称。 「けごん」、「きぬ」 「スペーシア日光」、「スペーシアきぬがわ」 日本板硝子が製造する、中を真空にした複層ガラス「スペーシア」。 日本薬剤株式会社(富山市)の栄養ドリンク「スペーシアX」「スペーシアゴールド」。 スズキが生産販売する軽トールワゴン「スズキ・スペーシア」。 三菱日立ホームエレベーターの小型エレベーター「スイ〜とモア スペーシア」。

概要 (Wikipediaから引用)

絹(きぬ、羅: sericum、独: Seide、英: silk、仏: soie)は、蚕の繭からとった動物繊維である。独特の光沢を持ち、古来より珍重されてきた。蚕が体内で作り出すたんぱく質・フィブロインを主成分とするが、1個の繭から約800~1,200mとれるため、天然繊維の中では唯一の長繊維(フィラメント糸)である。 蚕の繭(まゆ)を製糸し、引き出した極細の繭糸を数本揃えて繰糸の状態にしたままの絹糸を生糸(きいと)というが、これに対して生糸をアルカリ性の薬品(石鹸・灰汁・曹達など)で精練してセリシンという膠質成分を取り除き、光沢や柔軟さを富ませた絹糸を練糸(ねりいと)と呼ぶ。ただし、100%セリシンを取り除いたものは数%セリシンを残したものに比べ、光沢は著しく劣る。前者は化学染料、後者はいわゆる草木染めに向くが、歴史的に前者の手法が用いられはじめたのは明治維新以降であり、昔の文献や製品にあたる際、現在の絹織物とは別物に近い外観と性質をもつことに注意が必要である。

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。