「きょうほ」とは?

言葉 詳細
共保

概要 (Wikipediaから引用)

『』より :

競歩

概要 (Wikipediaから引用)

競歩(きょうほ)は、3000メートル(女子)・5000メートル(男子)・10000メートル・20000メートル・30000メートル・50000メートルのいずれかの距離を歩く速さを競う陸上競技種目である。上記のほかに2時間で進む距離を競う種目もある。競技会では50kmWのように最後にW (walk) を付けて表記する。 現在、男子20km・男子50km・女子20kmがオリンピックの競技種目で実施されている。オリンピックでは1906年アテネ中間大会での男子トラック競技として始まり、1932年ロサンゼルス大会から道路競技となった(50km)。その後、1956年メルボルン大会で20kmが加わり、女子種目は1992年バルセロナ大会から10kmが実施されている(2000年シドニー大会から20kmに延長)。 男子50kmは陸上競技種目の中で最長種目である。歩く競技とはいえ、世界大会レベルとなるとその速度は走っているものにも劣らない。2014年現在、男子50kmの世界記録は3時間32分33秒であり、これをマラソンの距離である42.195kmに換算すると2時間59分20秒である。