「ぎがん」とは?

言葉 詳細
義眼

概要 (Wikipediaから引用)

義眼(ぎがん)とは、人工の眼球のこと。眼球が萎縮して視力を失った場合や、眼球を失った場合に眼窩やまぶた 眼瞼の形状を正常な状態に保つ目的で用いられる。 義眼 - 眼球が萎縮している場合に用いられる眼球の上にかぶせるタイプと、眼球が欠損している場合に用いられる半球状のものとがある。主にオーダーメイドで製作されるが既製品も用いられている。一般的には動かない義眼が多いが、「動く義眼」を可能にする手術も行われている。 外装用義眼 - 眼窩部分が欠損している場合に用いられる。 有窓義眼 - 眼球摘出手術などの際に、一時的に用いられる義眼。穴の開いた透明または白色のアクリル樹脂でできており、浸出液を排出できるようになっている。