「ぎし」とは?

言葉 詳細
宜次

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

義歯

概要 (Wikipediaから引用)

義歯(ぎし)とは喪失した歯を補う為の人工臓器の総称である。 架工義歯、有床義歯、インプラント義歯などの方法を使用して、人工歯で歯を補う。 義歯の歴史は紀元前にまで遡るといわれている。日本では平安時代のころに使われはじめた。有床義歯の素材は、木製だった。 現在は、プラスチックや金、銀、チタン、セラミック、メタルボンドポーセレン(陶器)などの素材を使用している。 健康保険適用の保険義歯と健康保険適用外の義歯があり、これは診療内容や義歯に使用される材料の違いによる。 種類 差し歯 さし歯(さしば)とも表記される。歯の根っこが残っている場合にのみ使用可能である。 ブリッジ ブリッジは、左右の歯を利用する。 インプラント義歯 デンタルインプラントと同様に骨に穴を開けて埋入する手術が必要であり状況によって不可能な場合もある。また、一本の独立した歯の治療に使用するデンタルインプラントの事を指す場合もある。 有床義歯 一般的に有床義歯は「入れ歯」と呼ぶ。

技師

概要 (Wikipediaから引用)

『』より :

義子

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

義肢

概要 (Wikipediaから引用)

義肢(ぎし、Prosthesis)とは、事故や病気や戦争等で切断した手や足を補う為に装着する代替物のことである。上肢・手腕の義肢を「義手」、下肢・足部の義肢を「義足」と呼ぶ。総称として人工四肢とも呼ばれる。 失われた肉体の一部を人工物で代替することにより、患者自身の機能的・精神的な問題を軽減させるために用いられるもので、機能を回復させる物と、外見を回復させるものとがある。 義肢は古くから存在したが、そのありようが大きく進歩したのは第一次世界大戦以降である。 紀元前 義肢の歴史は古く、紀元前から、四肢を失った人のために作られていた。古代エジプトには、既に木製の義肢が存在した。現在発見されている世界最古の義肢は、紀元前950~710年に生存していた女性の足の義指である。欠損部位を補うための単なるアクセサリーではなく、体重をかけて移動できるように設計されている。また、イタリアのカプアからは、古代ローマ時代の、木と銅で作られた義足が発掘されている。 中世時代 1500年ごろのヨーロッパでは戦争で手足を失うことが多かったが、義手や義足を使用して騎士や軍人を続けた人物が多数居た。

義士

概要 (Wikipediaから引用)

『今川焼き』より : 今川焼き(いまがわやき)は、小麦粉を主体とした生地に餡を入れて金属製焼き型で焼成した和菓子である。全国各地で大判焼き(おおばんやき)と呼ばれるほか、その形状からの由来や販売店名を使用するなど、地域や店舗ごとに多数の別称が存在する(後述)。 小麦粉、玉子、砂糖を水で溶いた生地を鉄や銅製の円形に窪んだ焼き型へ流し込み、餡を包埋して、高さの低い円筒形ないしは分厚い円盤状に焼成したものである。全国各地で同様な食品が様々に呼称され、固定や常設の店舗だけではなく神事や仏事に限らずいわゆる祭りの露天屋台で販売される場合も多く、日本人になじみ深い菓子である。 また、世界の日本人街がある都市などでも売られている。 出来たての販売のほか、冷凍食品としても流通している。 「今川焼き」の名称の由来に確たる史料はないが、今日主流とされる説に以下が挙げられる。 江戸時代中期の安永年間、江戸市内の名主今川善右衛門が架橋した今川橋の神田側に存在した神田西今川町や神田東今川町の店がこれらの焼き菓子を発売し、後に「今川焼き」が一般名詞化して広がったとする説がある。

技士

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

義姉

概要 (Wikipediaから引用)

義兄弟姉妹(ぎけいていしまい)は、姻族もしくは法定血族による兄弟姉妹である。 兄弟姉妹の配偶者、配偶者の兄弟姉妹、養親の実の子供、親の再婚相手の連れ子、実親の養子が、対象者から見た義兄弟姉妹にあたる。義○と書いて○の読みをあてる場合も多い(例:義妹と書いて「いもうと」など)。対象者との年齢の上下関係が、それぞれの語の本来の意味と同じになるとは限らない。特に、配偶者の兄弟を「小舅」(こじゅうと)、姉妹を「小姑」(こじゅうとめ)という。同様に、祖父母の養子は自身のおじ・おばにあたり、養親の実の孫は甥・姪にあたる。 法律上の親族関係・結婚の可否 親の養子とは法律上、2親等の血族(兄弟姉妹。民法727条)となる。民法734条1項は「直系血族又は三親等内の傍系血族の間では、婚姻をすることができない。ただし、養子と養方の傍系血族との間では、この限りでない」と定める。つまり、兄弟姉妹間における結婚はできないが、養子縁組により義理の兄弟姉妹となった者の間については結婚可能である。

擬する

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

ぎする

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

擬す

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

議する

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

議す

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

ぎす

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。