「ぎしぎし」とは?

言葉 詳細
ギシギシ

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

羊蹄

概要 (Wikipediaから引用)

羊蹄山(ようていざん)は、北海道後志地方南部(胆振国北西部)にある、標高1,898mの成層火山である。後方羊蹄山(しりべしやま)として、日本百名山に選定されている。 羊蹄山は円錐形の成層火山で、2003年(平成15年)に気象庁により活火山に指定された。山頂には直径700m、深さ200mの火口(父釜)があり、西北西斜面にも側火口(母釜、子釜)を持つ。支笏洞爺国立公園に属し、山頂は倶知安町・喜茂別町・京極町・真狩村・ニセコ町の境をなしている。 一等三角点(点名「真狩岳」)の旧山頂が1,892.7m、三等三角点(点名「雲泉」)の北山が1,843.7mである。 山腹にはキタキツネ、エゾクロテン、エゾリス、エゾシマリス、エゾモモンガ、エゾユキウサギなどの哺乳類が生息しており、130種類以上の野鳥がいることも確認されている。 また、名水の地としても知られ、周囲には無料で利用できる水汲み場が数か所ある。 山名 富士山によく似たその整った姿から、郷土富士として蝦夷富士(えぞふじ)とも称される。

ぎしぎし

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。