「ぎしょ」とは?

言葉 詳細
偽書

概要 (Wikipediaから引用)

偽書(ぎしょ)とは、製作者や製作時期などの由来が偽られている文書・書物のこと。主として歴史学において(つまりはその文献の史的側面が問題とされる場合に)用いられる語である。単に内容に虚偽を含むだけの文書は偽書と呼ばれることはない。 偽書という概念は、美術的な書の贋作も含んでいる。ちなみに英語でもforgeryは偽書、贋作どちらの意味もある。 本項目では、偽書全般について記述する。(註 :なお、例示には偽書として評価の定まっているもののほか、「専門家によって偽書の疑いを提示されたことがあるもの」も含む。偽書としての疑いの程度やその根拠については、リンクされている各記事を参照のこと。) 偽書の位置付け 「偽りの書」という字面から、内容としても価値のない物と誤解されがちであるが、偽文書や偽書の作成がなされた事情は、その当時の歴史的背景に由来することが多く、学問上、完全に無意味とされる物は後述のオカルト的・詐欺的な例外を除けば少ない。

擬する

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

ぎする

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

議する

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。